まんさくの花/ブランド紹介

まんさくの花は秋田県の横手盆地の南東部の横手市増田町の日の丸醸造で作られている日本酒のブランドです。
日の丸という蔵名は秋田藩の佐竹公の紋所に由来しているそうです。
創業は元禄2年(1689年)という歴史のある蔵です。

横手盆地は日本有数の豪雪地帯で、その伏流水は「まんさくの花」の目指す「綺麗で優しい酒質」に適した軟水で、柔らかさが際立ちます。
低温瓶貯蔵をしており、定番品は最低1年は寝かせたものが多く、まんさく酒質とよばれます。使用する酒米の6割以上は「チーム日の丸」社員と地元農家の酒米研究会が造る契約栽培米を使用しています。




“まんさくの花/ブランド紹介” の続きを読む

天の戸/ブランド紹介

天の戸は、秋田県の浅舞酒造のお酒です。
秋田県南部の横手盆地に位置し、この浅舞酒造の蔵から半径5キロ以内の地元の米だけで醸している純米酒が天の戸の魅力です。

秋田のあまごい(甘濃い)味付けの漬物などに合う酒で、軽めの味わいだが、芯にはしっかりした味わいがあります。
鹿児島の焼酎杜氏との交流から、焼酎用麹を使った酒母の日本酒づくりを日本で最初に始めるなど、進取の気性に富んだ酒蔵でもあります。




“天の戸/ブランド紹介” の続きを読む

新政(あらまさ)/ブランド紹介

新政(あらまさ)は、嘉永5年(1852年)に秋田で創業した酒蔵。創業者は初代佐藤卯兵衛で、その名前から「うへえの酒」と地元で親しまれていました。その後、明治政府の「新政厚徳」から新政という名称を戴くようになりました。
その後、昭和初期に五代目卯兵衛となる佐藤卯三郎は自ら醸造指揮者として、六号酵母(きょうかい六号)を現出させることに成功しました。




“新政(あらまさ)/ブランド紹介” の続きを読む

ゆきの美人/ブランド紹介

ゆきの美人は、秋田の秋田醸造株式会社で造るお酒。秋田醸造はいぜんは「竿灯」という銘柄を造っていましたが、現在は小仕込みで自分で納得できるお酒を少量でも造りたいという思いから、社長自ら杜氏になって最新鋭の設備を持つマイクロブリュワリーで仕込みをしています。
蔵元杜氏は精密機械工学出身で、麹を冷凍して保存するなど今までにnないような合理的な発想で酒造りをしています。




“ゆきの美人/ブランド紹介” の続きを読む

山和/ブランド紹介

山和は、山形と宮城の県境の船形山系の伏流水に恵まれた宮城県加美町にある山和酒造で作られています。
山和酒造は創業1896年(明治29年)で、現在は7代目。この加美町は古くからお米が豊富に収穫でき、水質も良かったので、かつては多くの酒蔵がありました。山和酒造も古くは「わしが國」という銘柄の日本酒を造り、地元の宮城県で販売していました。
昭和40年代ころには宮城県で1~2位を争う製造を行っていたそうです。しかし、その後は年間生産量が減り続け、7代目が継いだことには麹の管理も雑で品質も落ちていました。




“山和/ブランド紹介” の続きを読む