アイルサベイ シングルモルト

アイルサベイについて


アイルサベイは、ザ・ウイリアム・グラント&サンズ社が所有する蒸留所になります。アイルサベイ(Ailsa Bay)はスコッチウイスキーの産地の区分で言えば、今ではあまり蒸留所が無いローランド地方のグラスゴーからエアを経てクライド湾沿いの港町ガーヴァンの近隣のアイルサ湾に位置しており、2007年に建設されたものです。2016年に初のシングルモルトをリリースしています。




“アイルサベイ シングルモルト” の続きを読む

アビンジャラク

アビンジャラクについて


アビンジャラク(Abhainn Dearg)は、スコットランドのアウター・ヘブリディーズ諸島のルイス島の西海岸にあるウィグのカーニッシュ村のスコッチウイスキー蒸留所になります。

アウター・ヘブリディーズ諸島はありませんスコットランドの西岸に連なる鎖状の島々から構成されていて、本土に近いインナーヘブリディーズ諸島からミンチ海峡によって隔てられています。ルイス島が一番人口が多いのですが、それでも2001年時点でも二万人に満たないほどです。




“アビンジャラク” の続きを読む

ウルフオブバデノック スコッチウイスキー

ウルフオブバデノックについて


ウルフオブバデノック(The WOLF of BADENOCH)は、日本ではあまり知名度が無い銘柄です。この銘柄を持っているのはNorth of Scotland Distilling Companyという会社になります。この会社は、もともと1957年にジョージ・クリスティが設立し、スコットランドの北部にモルトウイスキーとグレーンウイスキーの蒸留所を建て、運営していました。
その蒸留所の閉鎖後は、ジョージ・クリスティの息子のリッキーが会社を運営しており、ウイスキーブローカーと、このウルフオブバデノックの生産を行っています。




“ウルフオブバデノック スコッチウイスキー” の続きを読む

スカラバス シングルモルト

スカラバスについて


スカラバスはハンターレイン社という独立系ボトラーズが作るシングルモルトの銘柄です。
独立系ボトラーズ(瓶詰め業者)とは、蒸留所で作った原酒を購入して自社で熟成させてボトリングして販売するという業者で、日本では基本的にいませんが、スコッチウイスキーの世界では重要な役割を果たしています。




“スカラバス シングルモルト” の続きを読む

ラーセニー/ラーセニィ ケンタッキーストレートバーボン

ラーセニーについて


ラーセニー/ラーセニィ(LARCENY)はかつてはオールドフィッツジェラルドが作っていたスモールパッチ(少量生産)のプレミアムバーボンになります。
オールドフィッツジェラルドは、ケンタッキー州ルイヴィルの大手蒸留所でしたが、現在はヘブンヒルがブランドを入手して、同社の蒸留所で作られる様になっています。それに伴い、ラーセニー/ラーセニィもヘブンヒル蒸留所の銘柄の1つとして製造されるようになりました。




“ラーセニー/ラーセニィ ケンタッキーストレートバーボン” の続きを読む