ジャックダニエル

ジャックダニエルについて


ジャックダニエルはテネシー州リンチバーグのテネシーウイスキーの代表的な銘柄です。創業者はジャックダニエルで1863年に本格的なウイスキー造りを始めます。ジャックダニエルは貧困家庭に生まれ、7歳からルター教会の牧師であり蒸留所のオーナーであったダン・コール家に雇われ、テネシーウイスキー独自の製法である原酒を樽詰めする前にサトウカエデの炭で濾過するリンカーン郡製法と呼ばれるチャコール・メローイング製法でのウイスキー造りを学びます。
そして1863年にわずか13歳にして蒸留所を譲られたジャックダニエルは、1866年には自身の名前を刻んだ陶器のジャグに詰め込み販売を始め、同年に政府が酒類に課税すると見込んで蒸留所を政府に登録。アメリカで始めての政府公認の蒸留所になります。

“ジャックダニエル” の続きを読む

I.W.ハーパー

I.W.ハーパーについて


I.W.ハーパーはバーボンウイスキーの有名な銘柄で、創業は1877年にドイツ系アメリカ人のアイザック・ウォルフ・バーンハイムによってケンタッキー州ルイヴィルに生み出され、銘柄名はバーンハイムのイニシャルのI.W.とその親友のフランク・ハーパーに由来します。
1885年にニューオリンズの万博で金賞を受賞し、世界の博覧会で5つのゴールドメダルを獲得。
このメダルはゴールドラベルに印刷されています。
“I.W.ハーパー” の続きを読む

フォアローゼズ

フォアローゼズについて


フォアローゼズはバーボンウイスキーの有名銘柄の1つです。
フォアローゼズの創業者のポール・ジョーンズはある舞踏会で絶世の美女に出会い、恋に落ちると迷わずプロポーズをします。そこで、彼女は次の舞踏会の時にプロポーズを受けるのであれば、バラのコサージュをつけて来ますと返答。
そして約束の舞踏会の夜、彼女は4輪の赤いバラのコサージュを胸にしており、このエピソードから「フォアローゼズ」と名づけられたそうです。
そうした訳で、フォアローゼズのラベルの中央には赤い4輪のバラの花束が描かれています。

“フォアローゼズ” の続きを読む

アーリータイムズ

アーリータイムズについて


アーリータイムズはバーボンウイスキーの代表的な銘柄です。最初に蒸留されたのは1860年でアーリータイムズ・ステーションと呼ばれる村で、現在はブラウン=フォーマン社の所有でケンタッキー州のダウンタウン蒸留所で着くあれています。
この1860年はリンカーンがアメリカ大統領に就任した年で、それ以来のロングセラーです。

バーボンウイスキーの歴史は禁酒法と切っても切れない縁がありますが、このアーリータイムズは「医療用ウイスキー」の表示を行うことで法律の適用が免除されたそうです。それに目をつけたブラウン・フォーマン社が1923年にアーリータイムズを買収し現在に至ります。

アメリカ国内では現在はバーボンではなく、ケンタッキーウイスキーと呼ばれていますが、輸出時には名前のとおりの良いバーボンで知られます。




“アーリータイムズ” の続きを読む

レッドブレスト

レッドブレストについて


レッドブレストはグリーンスポットと同じくシングルポットスチルウイスキーで、未発芽の大麦を原料としています。レッドブレストとは「赤い胸をしたヨーロッパこまどり」のことで、マザーグースでロビン・レッドブレストなどと言われ、マザーグースで有名なコマドリがまさにレッドブレストのことだそうです。

蒸留所はミドルトン蒸留所。

“レッドブレスト” の続きを読む