ジンクス オールドトムジン

ジンクス オールドトムジンについて


ジンクス(Jinx)はロンドンで1990年代に創業したワインとスピリッツを扱うアスターグレン社が作っているクラフトジンのブランドです。
ラベルに大きく黒猫の絵が影絵のようなタッチで描かれているのが特徴です。

オールド・トム・ジンとは、この絵の通りの「年老いた黒いオス猫」に由来するジンの種類です。ビクトリア朝時代に粗悪なジンによる治安の悪化を懸念した英国政府によって、ジンの製造が厳しく制限されました。この措置は密造の横行を招く結果となって、オールド・トム・ジンとは痛切では18世紀のロンドンでジンの密売をしていたキャプテン・ダドリー・ブラッドストリートの店先に架けられた黒猫(オールドトムキャット)の木製看板に由来するそうです。




“ジンクス オールドトムジン” の続きを読む

香の森 香の雫 クラフトジンカクテル

香の森 香の雫 クラフトジンカクテルについて

Products from Amazon.co.jp


この「香の森」「香の雫」「クラフトジンカクテル」は養命酒が造るクラフトジンで、2019年3月1日から販売開始されたばかりの新製品です。

養命酒は長らく、薬用酒の製造の経験のあるメーカーで、ジンも考えてみれば、元は薬用酒としても使われてきた歴史があります。こうした挑戦は或る意味、当然のことなのかも知れません。

近年のクラフトジンは、それぞれにどのようなボタニカルを使うかによって、個性を出すことが多いのですが、特に和製クラフトジンでは日本のボタニカルにこだわることが多いようです。
養命酒では、とくにこだわっているのが、同社が長く研究を重ねる「クロモジ」。
クロモジは2018年に発売した「養命酒製造のど飴」でも使われています。




“香の森 香の雫 クラフトジンカクテル” の続きを読む

クラフトジン「9148」

クラフトジン「9148」について


9148は、紅櫻蒸留所のつくるクラフトジンの銘柄です。紅櫻蒸留所は2018年4月に誕生した、北海道で初めてのジンの蒸留所です。
札幌市の紅櫻公園の中にあるそうで、この公園は春には櫻、秋には紅葉の名所として知られます。
蒸留所ではイタリアのバリソン社というところの400L蒸留器で蒸留されて、札幌市南区の伏流水を使用しています。

ジンといえばボタニカルがいつも話題になりますが、紅櫻公園内のボタニカルを使用した地域の特性を活かしたジン作りをしています。




“クラフトジン「9148」” の続きを読む

クラフトジン岡山

クラフトジン岡山について


クラフトジン岡山は最近人気を博しているジャパニーズクラフトジンの注目銘柄です。クラフトジンは丁寧に手作りしたこだわりのジンを指し、この数年はウイスキーと並ぶ人気の蒸留酒として、ヨーロッパで火がついて日本でも造られるようになっています。

大手のサントリーのROKU< 六>、ニッカのカフェジン、小規模な京都蒸留所の季の美といった個性的な製品が市場を賑わせています。




“クラフトジン岡山” の続きを読む