ウルフバーン

ウルフバーンについて


ウルフバーン蒸留所(WOLFBURN)はスコットランド本島北端の街サーソーに実在したウルフバーン蒸留所を復興したものです。
元祖ウルフバーンは1821年にウイリアム・スミスによって創業し37年まで同じ家族によって運営されていて、その37年には閉鎖したような記録もありますが、1860年代までは断続的に続いたという記録もあり(デビッド・スミスが1852年に1年間運営したらしい)、結局の所よく判りません。
77年には廃墟になっていたようで、その後は人々の記憶からも消えていました。

それが復興したのが2013年。2012年にオーロラブリューイングとケイスネス州の民間コンソーシアムが、元の蒸留所の廃墟から350mの場所に再建する計画許可を受けて、8月に着工。
翌2013年の1月に生産を開始しました。

“ウルフバーン” の続きを読む

ピッグスノーズ

ピッグスノーズについて


ピッグスノーズ(PIG’S NOSE)はイアンマクラウド社のブレンデッドウイスキーの銘柄になります。
元々はシープディップというブレンデッドモルトを70年代につくっていて、M.K.ダウズウエル社が、その成功に気を良くして2番めのブランドとして、このピッグスノーズを発売したのです。

当時は地元の小売店がターゲットで、販売方法も小売店がクラブのメンバーにならないといけないという独特なものでしたが、それが徐々に成功して国外まで売れるようになったのだそうです。

“ピッグスノーズ” の続きを読む

シープディップ

シープディップについて


シープディップ(Sheep Dip)はイアンマクラウド社の造るブレンデッドモルト(いわゆるヴァッテッドモルト)の銘柄になります。
シープディップ=羊の洗剤って不思議な銘柄名だと思いますが、これはその昔、農家が自家製ウイスキー(密造酒)を作っていた頃に収税吏の眼をくらますために樽に「Sheep Dip」と書いてあったという逸話から名付けられたそうです。元々18世紀のアメリカで最初にこの名前のウイスキーが生まれたようですが、1970年代にはスコットランドで作られています。
また、1日の労働のあとにパブで呑む「ビールの次に楽しむ一杯のウイスキー」という意味もあったそうです。

“シープディップ” の続きを読む

アイリーク(イーラッハ)

アイリーク(イーラッハ)について


このアイリーク(イーラッハ)ILEACHは、ハイランズ&アイランズスコッチカンパニーというボトラーズが製造しているシングルモルトです。
銘柄名のアイリークとは「アイラ島民」という意味だそうで、アイラ島の8つの蒸留所のいずれかの原酒を使用していると明記されています。

こうした蒸留所の名前を明記しないシングルモルトは、ボトラーズが蒸留所から原酒を樽買いして自社でブレンドした場合、そうした契約になることがあって、このアイリークの他にもスモークヘッドピーツビーストなども挙げられます。

“アイリーク(イーラッハ)” の続きを読む