パスポート(ブレンデッドスコッチウイスキー)

パスポート(ブレンデッドスコッチウイスキー)について


パスポートは1000円台のブレンデッドウイスキーの一つで、1968年にロングモア社が発売した銘柄で、ボトルのデザインが古代ローマの通行証(パスポート)をもしたデザインが描かれています。
キーモルトはスペイサイドのグレンキースで、グレンリベット、グレン・グラント、キャパドニック、ロングモーンなどがブレンドされています。




“パスポート(ブレンデッドスコッチウイスキー)” の続きを読む

ティーニニック(テナニヤック)

ティーニニック(テナニヤック)について


ティーニニック(テナニヤック)はいわゆるハイランドモルトの一つで、北ハイランドのティーニニック(テナニヤック)蒸留所によって作られているシングルモルトです。ティーニニック(テナニヤック)蒸留所は1817年創業。その後、変遷を経て、第二次大戦中の39年から46年までは大麦不足から生産を一時停止していました。
おおきく事情が変わったのは1970年で、大幅に蒸留所が拡張されて、6つの新しいスチールを備えた建物を新築。古い施設も活用して事業を続けますが、1984年に一時的に生産が完全に停止。91年に生産再開して、現在に至ります。




“ティーニニック(テナニヤック)” の続きを読む

ヘーゼルバーン

ヘーゼルバーンについて


ヘーゼルバーンはキャンベルタウンモルトの一つで、スプリングバンク蒸留所で作られています。ヘーゼルバーンという名称はかつてキャンベルタウンにあった蒸留所から名付けられたそうです。
キャンベルタウンスコッチの復興を目指して、スプリングバンクで1997年から生産しているとのことです。
蒸留は3回で麦芽乾燥にピートを用いないのが特徴。




“ヘーゼルバーン” の続きを読む

オールドプルトニー

オールドプルトニーについて


オールドプルトニーはスコッチウイスキーのシングルモルトの銘柄。北ハイランドの最北端にあるウィックという漁港の南岸にあるプルトニー蒸留所で作られています。
現在では、さらに北にウルフバーン蒸留所という新規蒸留所ができており、最北端ではなくなりましたが、海の香り漂うオールドプルトニーの存在感は失われていません。

プルトニー蒸留所は1826年に設立され、創業者はジェームズ・ヘンダーソン。この土地の発展に力を尽くした国会議員のサー・ウィリアム・プルトニーに由来して命名されました。




“オールドプルトニー” の続きを読む

デュワーズ

デュワーズについて


デュワーズはスコッチウイスキーの知名度の高い銘柄で、ジョン・デュワーアンドサンズ社によって製造されているブレンデッドウイスキーです。
1846年にジョン・デュワーによって製造が始まり、息子のトミー・デュワーがネオンサインや映画を利用したキャンペーンを展開し、デュワーズを世界的なブランドへと成長させました。




“デュワーズ” の続きを読む