フィンラガン

フィンラガンについて


フィンラガンは1992年にグラスゴーで創業したザ・ヴィンテージ・モルト・ウイスキー・カンパニーの銘柄です。この会社は元ボウモア蒸留所のディレクターだったブライアン・クック氏が設立した、いわゆるボトラーです。ボトラーとは、原酒を購入してボトリングして自社銘柄で売り出すという形態で、基本的には蒸留所は持っていないのですが(近年は買収などを通じて、ボトラーが所有する蒸留所などの例外も多くあります)、この会社はどのような事業形態なのか詳細はわかりません。
そもそも、大抵の場合は「この銘柄のキーモルトは○○で、それに他の原酒、数10種をブレンドして……」というようなアナウンスがあるものなのですが、フィンラガンの場合は単一の蒸留所の原酒のみを使用しており、その蒸留所がアイラ島のどこかであるということしか明かされてないという変わり種です。(ちなみにフィンラガンとはアイラ島の古城の名が由来だそうです)




“フィンラガン” の続きを読む

ディンプル スコッチウイスキー

ディンプル(ウイスキー)について


ディンプルは独特なボトルの形状が特徴のブレンデッドスコッチウイスキーの銘柄です。

ディンプルとはくぼみという意味で、丸みを帯びた三角の平面部分がちょうど持つのに具合が良い感じでくぼんでいて、これが銘柄名の由来。
ディンプルヘイグまたはディンプルピンチは、いわゆるブレンデッドウイスキーの草分け的なそんざいであって、生まれたのは1893年。有名な醸造家のジョン・ヘイグによって世に出たウイスキーで、モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドして作られていて、これは現在の多くのブレンデッドウイスキーの定番的な作り方なのですが、ほぼ最初期にこのディンプルが行ったと言われています。




“ディンプル スコッチウイスキー” の続きを読む

グレンドロナック

グレンドロナックについて


グレンドロナックは1826年創業というスコットランドでも有数の歴史あるグレンドロナック蒸留所のシングルモルト。ハイランドとスペイサイドの境界線上、アバディーン州のデヴェロン川の南に位置し、ハイランドモルトになります。ちなみにグレンドロナックとは「ブラックベリーの谷」という意味だそうです。
グレンドロナックの特徴はシェリー樽熟成。マッカラングレンファークラスと並んでシェリー樽熟成のシングルモルトの代名詞になっています。




“グレンドロナック” の続きを読む

アイル・オブ・ジュラ スーパーステーション

アイル・オブ・ジュラ スーパーステーションについて


アイル・オブ・ジュラは、有名なアイラ島の沖合いにある小さな島のジュラ島にある唯一の蒸留所、ジュラ蒸留所の銘柄です。
スーパーステーションとは迷信という意味で、ラベルにはエジプト十字架と呼ばれる文様です。このエジプト十字架は古代エジプトのヒエログラフで生と死、男性と女性の均衡を意味して、不滅の神の力が宿ると言われています。




“アイル・オブ・ジュラ スーパーステーション” の続きを読む

アイル・オブ・ジュラ エリクサー

アイル・オブ・ジュラ エリクサーについて


アイル・オブ・ジュラ エリクサーは、アイル・オブ・ジュラのプレミアムで、エリクサー(エリクシール)とは「万能薬」の意味です。
ジュラ島は、スモーキーで知られるアイラモルトを作るアイラ島のさらに沖合いにあり、ジュラ島とはバイキングの言葉で「鹿ノ島」といういみだそうで、人口200人に対して野生の鹿が5000頭も住んでいるそうです。




“アイル・オブ・ジュラ エリクサー” の続きを読む