セイコー アストロン

アストロンはセイコーが展開するソーラーGPSウォッチコレクション
アストロンが登場するまで、最も正確な時計といえば標準電波を受信して時刻合わせを行う電波時計であったが、このGPSウォッチはGPS衛星電波を受信して時刻合わせを行うという機能をもち、標準電波がカバーしない地域でも使えるというのが「売り」。
登場したのは2012年9月で、その時点では世界で最初のGPS腕時計であった(現在は他のメーカーからも販売されている)。

もともとアストロンというコレクション名は、1969年にセイコーが世界で最初に発売したクォーツ時計のコレクション名であり、当時の主流であった機械式腕時計に大きな打撃を与え、いわゆるクォーツショックを発生させ、同時に世界中の人々のライフスタイルに大きな変化を与えた、セイコーにとっては金字塔とも言えるコレクション名であります。
そのアストロンの名前を復活させただけあって、実に力の入ったコレクションで、世界で最先端の技術を惜しみなく投入したハイテクウォッチです。

デザインセンスは、世界中どこでも正確に使えるということから、ビジネスマンの使用を前提としたもので、シャープでソリッド。セイコーには30代、40代のビジネスマンを意識したブライツ・コレクションもあるが、そのアッパークラスと思えば良いのかもしれない。

価格はやはりアッパーミドルクラスの設定で、国産時計としては高価であるのだが、それだけの機能、作り込み、存在感のあるコレクションです。

“セイコー アストロン” の続きを読む