トマーティン

トマーティンについて


トマーティンはスコットランドのハイランド地方の人工500人の小さな村トマーティン村にある蒸留所です。トマーティン村はインヴァネスの南で、周りには伝統的なスコットランドの風景が広がっており、ゲール語で「杜松の木のしげる丘」という意味だそうです。村を流れる小川「オルタ・ナ・フリス(自由の小川)」を仕込み水として利用でき、近隣には上質なピート(泥炭)も算出されるというウイスキー作りに適した地にあります。

トマーティン蒸留所創業は1897年。19世紀末のウイスキー大ブームに乗って建設された多くの蒸留所と同じように、その後に訪れた大不況の波に煽られて1906年倒産。1909年に新しい所有者のもとで再開しました。




“トマーティン” の続きを読む