ラーセニー/ラーセニィ ケンタッキーストレートバーボン

ラーセニーについて


ラーセニー/ラーセニィ(LARCENY)はかつてはオールドフィッツジェラルドが作っていたスモールパッチ(少量生産)のプレミアムバーボンになります。
オールドフィッツジェラルドは、ケンタッキー州ルイヴィルの大手蒸留所でしたが、現在はヘブンヒルがブランドを入手して、同社の蒸留所で作られる様になっています。それに伴い、ラーセニー/ラーセニィもヘブンヒル蒸留所の銘柄の1つとして製造されるようになりました。




“ラーセニー/ラーセニィ ケンタッキーストレートバーボン” の続きを読む

リッテンハウス ライ ボトルド・イン・ボンド

リッテンハウス ライ ボトルド・イン・ボンドについて


リッテンハウス(Rittenhouse)は、現在はヘブンヒル蒸留所で作られているライウイスキーになります。

かつてはメドレー社というところで製造していた銘柄で、一時は断絶していましたが、ヘブンヒルが古いアメリカンウイスキーの製造法を復興して再現したもので、クラシックなウイスキーのスタイルを今日に取り戻しています。
こうしてカムバックしてきたウイスキーの中では、特にライウイスキー(主原料にライ麦を使ったウイスキー)として非常に親しまれています。
アメリカのウイスキーではワイルドターキーやエズラ・ブルックス、ミクターズなどがラインナップにライウイスキーを載せていることでしられますが、このリッテンハウスのようにライウイスキーのみというのもちょっとめずらしいです。

“リッテンハウス ライ ボトルド・イン・ボンド” の続きを読む

オールドフィッツジェラルド

オールドフィッツジェラルドについて


オールドフィッツジェラルド(Old Fitzgerald)は、現在はヘブンヒルの銘柄の1つです。
オリジナルは1870年にケンタッキー州フランクフォートのジョン・E・フィッツジェラルドによって、鉄道と蒸気船の航路、及びプライベートクラブで供されるために製造され、1884年にS.C.ハーベストによってブランドを登録。1900年頃にアメリカ全土からヨーロッパにまでひろまっていったそうです。

“オールドフィッツジェラルド” の続きを読む

バーンハイムオリジナル

バーンハイムオリジナルについて


バーンハイムオリジナル(BURNHEIM ORIGINAL)は、ヘブンヒルバーンハイム蒸留所で2005年に発表されたまだ新しい銘柄です。

ヘブンヒルの元の蒸留所は1996年に火災を起こして焼失。ルイビルにあるバーンハイム蒸留所を買収して、1999年からヘブンヒルバーンハイム蒸留所として操業再開をしています。
そのバーンハイム蒸留所で造られ始めたのですが、これまでのバーボンは副原料に小麦を使用しているものはたくさんありますが、主原料が小麦のウイートウイスキーは大変に珍しいものになっています。米国連邦アルコール法の基準に準ずる、第一号のケンタッキー・ストレート・ウィート・ウイスキー(KENTUCKY STRAIGHT WHEAT WHISKEY)になります。

“バーンハイムオリジナル” の続きを読む

ヘンリー・マッケンナ

ヘンリー・マッケンナについて

ヘンリー・マッケンナー750ml


ヘンリー・マッケンナ(HENRY McKENNA)は現在はヘブン・ヒル蒸留所で作っているバーボンウイスキーの銘柄です。
ヘブン・ヒル蒸留所はケンタッキー州バーズタウンに本拠を置くヘブン・ヒル社の蒸留所です。ヘブン・ヒル蒸留所は全米でも1,2を争う巨大な蒸留所で、実に数多くの銘柄を持っていますが、その中でもヘンリー・マッケンナは有名なものの一つです。
“ヘンリー・マッケンナ” の続きを読む