ベイカーズ

ベイカーズについて


ベイカーズは、ジムビームで有名なビーム社のクラフトバーボンの銘柄です。ブッカーズノブクリークと同じく、少量生産で原料や味にこだわり丁寧に作られた限定生産のバーボンです。
ウイスキーの高級品といえば、スコッチのシングルモルトや、日本でも山崎や宮城峡などの地名のついた銘柄などがありますが、最近はバーボンの高級品としてクラフトバーボンが注目されています。
“ベイカーズ” の続きを読む

ブッカーズ

ブッカーズについて


ブッカーズはクラフトバーボンと呼ばれる、高品質の少量生産のバーボンウィスキーです。通常のバーボンと異なり、原料や味にこだわり、丁寧に作られたものを指します。これまで、高級品のウイスキーといえば、スコッチのシングルモルトが有名でしたが、近年になって日本の高級ウイスキーであるサントリーの響や山崎、ニッカの宮城峡、余市、竹鶴などが高い評価を受け、またバーボンでもクラフトバーボンと呼ばれる名品が人気を博します。
“ブッカーズ” の続きを読む

ノブクリーク

ノブクリークについて


ノブクリークは、最近注目を集めつつあるクラフトバーボンの代表的な銘柄です。クラフトバーボンとは最上級の原料を始め、仕込みから上流、貯蔵まで作りての特別な意図や思想が色濃く反映されたバーボンだそうで、スモールバッチ(小ロット)で作られたもので、サントリーが押しています。クラフトビールといえば、高品質なビールという意味で語られますが、クラフトバーボンも同じような意味で使われています。
このノブクリークは、有名なジンビームのプレミアムラインの一つで、ブッカーズ、ベイゼルヘイデン、ベイカーズと並んで、ラインナップされていますが、その中でもノブクリークが一番有名で、売れているそうです。
“ノブクリーク” の続きを読む

エライジャ クレイグ

エライジャクレイグについて


エライジャクレイグはバーボンの父と呼ばれるケンタッキー開拓時代のプロテスタント・バプティスト派の聖職者であるエライジャクレイグ牧師にちなんで名付けられたバーボンウィスキーです。
ケンタッキー州バーズタウンにあるヘヴン・ヒル社が製造している銘柄で、ケンタッキー・ルイビルのバーンハイム蒸留所で生まれています。
“エライジャ クレイグ” の続きを読む

ワイルドターキー

ワイルドターキーについて


ワイルドターキーは1869年にトーマス・リピーが創業したリピー蒸留所を起源とするバーボンウイスキーの銘柄です。リピー蒸留所はその後持ち主を転々とするが、1905年に創業者の息子のりピー兄弟が再び蒸留所を買い戻し、順調に発展をしていった。
その後1970年にオースティン・ニコルズ社によってリピー蒸留所が買収され現在の形になりました。オースティン・ニコルズ社は1855年創業。ケンタッキー州のローレンスバーグに後のワイルドターキー蒸留所を建ててウイスキー蒸留を始め、1893年のワールドフェアでケンタッキーを代表するバーボンに選ばれ、一気にオースティン・ニコルズの名前が広がりました。

“ワイルドターキー” の続きを読む