ロンジン/ブランド紹介

ロンジンはスイスの時計ブランドで年にオーギュスト・アガシがスイス・サンティミエで創業。スイスの時計産業は早い時期から分業体制が確立されていて、この時点では彼らの会社は時計部品を完成品に仕上げて納品するという下請けをしていました。そして、1860年代に一貫生産を洗濯。サンティミエ郊外のスーズ川の右岸の「Les Lomgines」という土地を取得して自社工場を設立しました。1899年に「LONGINES」の登録商標と羽根の付いた砂時計のシンボルマークを登録。

以来、ロンジンは大きな飛躍を見せて、その高品質な製品づくり高い信頼を集め、1896年の第1回オリンピックの公式計時、1933年のブラジルグランプリ(事実上の第1回F1グランプリ)の公式計時、1927年のリンドバーグ大西洋横断飛行など、多くの偉業を成し遂げました。





“ロンジン/ブランド紹介” の続きを読む