一白水成/ブランド紹介

一白水成は、秋田の福禄寿酒造のブランドです。福禄寿酒造は秋田県の五城目町という大潟村の東方にあります。急峻な山岳地帯から水田地帯まで変化に富んだ農山村で、戦国時代に織田信長の一向一揆で石川賢から落ち延びてきた渡邉家がこの地に来たのが源流。江戸時代の元禄元年(1688年)に酒造りを始め、以来300年以上に渡り酒造りを続けており、創業当時はどぶろく製造が中心で、江戸末期から清酒製造になり、大正10年に大火事があり、ほとんどの建物が焼失したそうですが、上酒蔵と下酒蔵は難を免れ、当時のままの姿を残しており、平成8年には全国登録有形文化財に指定されています。

昭和28年に株式会社渡邉彦兵衛商店になり、それが平成16年に現在の福禄寿酒造に変更して、秋田の地酒として愛されて続けています。

その福禄寿酒造が近年、県外向けに発信したブランドが「一白水成」。




“一白水成/ブランド紹介” の続きを読む