仙禽/ブランド紹介

仙禽は栃木県の株式会社せんきんという蔵の銘柄。この蔵元は江戸時代後期の文化三年(1806年)に創業したそうで、仙禽とは仙人に使える鳥である鶴を表しています。

04年に現在の当主が蔵に戻り、07年より新しいシリーズである「ブラックレーベル」(現在のモダン仙禽)を立ち上げ、そこから大きく生まれ変わります。
これが大きな評価を受けて飛躍。12年には日本料理を始めとする出汁のお料理との相性を求めたクラシック仙禽を発売。13年にはワイン酵母で作られたドルチェシリーズ、16寝には低精白の一般米、生もと造り、天然酵母、木桶で江戸時代のお酒造りを再現したナチュールシリーズをリリース。またブラックレーベルはブラッシュアップしてモダン仙禽になっています。





“仙禽/ブランド紹介” の続きを読む