山形正宗/ブランド紹介

山形正宗は山形県天童市の水戸部酒造の銘柄。明治31年より酒造業を営んでいて、現在は「酔芙蓉」と「山形正宗」を造っています。
水戸部酒造はワイン醸造で活用される技術を応用した日本初の酒「まろら」を開発するなど、進取の気性に富んだ蔵元で、この山形正宗は樹齢100年を超える柾の杉材を使った麹室など、徹底したこだわりを持って醸造しており、穏やかな吟醸香の食中酒です。
“山形正宗/ブランド紹介” の続きを読む