加賀鳶/ブランド紹介

加賀鳶について


加賀鳶は石川県金沢市の福光屋という蔵で作られている銘柄。加賀鳶とは江戸時代に加賀藩江戸屋敷でお抱えになっていた大名火消しのことで、威勢の良さと見事な火消しで名高く、喧嘩鳶と呼ばれていたそうです。
その加賀鳶の名前を冠し、「粋」をコンセプトにキレを大事にした酒造りをしたのがこの加賀鳶です。
“加賀鳶/ブランド紹介” の続きを読む

宗玄

宗玄について


宗玄は奥能登最古の酒蔵と言われ、いわゆる能登杜氏の発祥の蔵と言われています。創業は1768年。宗玄忠左衛門によって始められます。彼の先祖は上杉謙信の七尾攻めで能登守護の畠山式部を滅ぼした際に、刀剣一振りとともに城を逃れた畠山左衛門尉宗元。、畠山宗玄は珠洲郡松波城に入り、のちに同郡鵜島村地内 に田地二百石を贈られ、宗玄と改姓して一戸を構え、後に前田利長によって十村の制度が敷かれたさいに十村役となり、永く繁栄しました。
“宗玄” の続きを読む

獺祭/ブランド紹介

獺祭は、山口県の旭酒造の銘柄で、世界で高い評価を得ている銘酒。

日本酒は杜氏が生産の責任者として、蔵人を率いて酒造りをするのが習わしでしたが、旭酒造ではこの杜氏を廃し、独特な酒造りをしています。
有名になった日本最高の精米歩合(2割3分)や、遠心分離システムの導入、年中真冬の温度を再現できる空調など、最新の科学的アプローチを駆使し、日本酒の新しい魅力を引き出しています。
“獺祭/ブランド紹介” の続きを読む

龍勢/ブランド紹介

龍勢は、広島県竹原市の藤井酒造の銘柄です。藤井酒造は江戸時代末期の文久3年(1863年)に竹原で創業。竹原は「たまゆら」というアニメの舞台になった瀬戸内海に面した風光明媚な町で、安芸の小京都と呼ばれる古い町並みが魅力。
今も竹原は地下水を水道水に使用している水に恵まれた土地で、同時に海の幸も豊富。その恵みを酒造りに活かしており、良質な酒を造っています。

現在の全国新酒鑑評会にあたる第1回清酒品評会(明治40年)で、この龍勢は優等1位酒に選ばれており、古くから高品質な酒造りを続けています。この当時の上位入賞酒で今も吟醸酒を造っている蔵はほとんどなく、藤井酒造の真摯な姿勢が伺えます。
“龍勢/ブランド紹介” の続きを読む