越の誉

越の誉について


「越の誉」は、新潟柏崎の原酒造という酒蔵の銘柄になります。文化11年(1814年)創業で、当時の柏崎は北国街道の宿場町であり、千石船が停泊する海運の町として栄えていました。
そのため、都の文化が流れ込んでいて、独特の文化が生まれた土地です。

「越の誉」の名が有名になったのは、昭和42年(1972年)の日中国交正常化に際して、当時の田中角栄首相より、ふるさとの日本酒をとの計らいで、「越の誉もろはく」が北京の人民大会堂の記念晩餐会で乾杯酒として使われたという歴史があります。




“越の誉” の続きを読む

東長(あずまちょう)

東長(あずまちょう)について


東長(あずまちょう)は九州佐賀県の嬉野市の瀬頭酒造(せとうしゅぞう)の日本酒の銘柄です。瀬頭酒造は寛政元年(1789年)創業の蔵で、当初は丸平正宗という銘柄を作っていたそうですが、大正9年に法人化したのをきっかけに東長(あずまちょう)を発売しました。この命名をしたのは、当時の政友会総裁で首相だった原敬で、酔い心地のさわやかさ、おおらかさを「アズマの国のオサ、すなわち登用の王者に相応しい」として東長(あずまちょう)と名付けたそうです。




“東長(あずまちょう)” の続きを読む

越乃寒梅

越乃寒梅について


越乃寒梅は、新潟県の酒造会社、石本酒造の銘柄になります。新潟(越後)は米どころ、酒どころとして有名ですが、その中でも、この「越乃寒梅」と八海山は別格とも言える存在で、日本酒に興味のない方でもご存知かと思います。

醸造元の石本酒造は1907年創業で、戦後の国策でいわゆる3倍醸造の低品質な日本酒を作っていたときでも、決して儲けに走ること無く本来の酒造りを貫き、スッキリとした味わいの酒を作り続けてきました。




“越乃寒梅” の続きを読む

お福正宗

お福正宗について


お福正宗は新潟県長岡市のお福酒造の銘柄です。創業は1897年(明治30年)です。創業者は1894年(明治27年)に日本初と言われる日本酒造りを科学的見地から解説した教本を発刊。
その3年後に岸五郎商店として酒造業を開始。

第二次大戦後の1949年(昭和24年)にお福酒造に改組して、1958年(昭和33年)には創業者が醸造業界初の黄綬褒章を受賞するなど高い評価を受けています。

“お福正宗” の続きを読む

比良松

比良松について


比良松は、福岡県朝倉市の酒蔵「篠崎」の銘柄です。
この朝倉郷は筑紫次郎という異名を持つ筑後川から取水する堀川用水の三連水車が有名。朝倉の農業を支える豊かな水を象徴する存在担っています。

比良松はこの台地のみのりと上質な水、職人のワザによって生まれた銘柄で、篠崎の日本酒の銘柄はこの比良松と「国菊」のふたつがあります。




“比良松” の続きを読む