洌(れつ) 日本酒/ブランド紹介

洌は、小嶋総本店の銘柄。
小嶋総本店は東光の名で知られる蔵元で、創業は慶長2年(1597年)。関ヶ原が1600年ですから、その前のことで、米沢藩上杉家の御用酒屋であり、江戸時代に頻繁に禁酒令が出されたときでも酒造りを許されていた数少ない造り酒屋の一つです。
現在まで四百有余年、二十三代の長きに渡って酒造りをしています。

小嶋総本店の酒は吾妻連峰の雪解け水が仕込み水で、山田錦以外の原料米は全量山形県産。特に県産の酒造好適米の出羽燦々、出羽の里は、ほぼ全量が蔵人による契約栽培だそうです。
洌の味わいはドライで引き締まった質感。芯のある米の旨味がしっかりと感じられます。
“洌(れつ) 日本酒/ブランド紹介” の続きを読む