弥久(酒粕焼酎)

弥久(酒粕焼酎)について


弥久(酒粕焼酎)は福岡県久留米市の酒蔵「杜の蔵」の酒粕焼酎の銘柄です。
杜の蔵では、この他に吟香露という銘柄も作っていて、酒粕焼酎については深い造詣があります。

酒粕焼酎は日本酒を作るときの副産物の酒粕を蒸留して焼酎にしたもので、筑後にはもともと酒粕焼酎を作る文化が有ったのですが、戦後になって廃れていました。それを杜の蔵では、独自の蒸留方法によって復活。フルーティで飲みやすい焼酎を開発しました。
酒粕焼酎は粕取り焼酎とも呼ばれますが、この名称は戦後の一時期に違法に作られた闇焼酎の俗称として使われ、悪い印象を持たれたことも廃れたおおきな原因の一つであったようです。




“弥久(酒粕焼酎)” の続きを読む

吟香露

について


吟香露は、福岡県の久留米市のさかぐら「杜の蔵」の焼酎の銘柄です。
「杜の蔵」は、1898年(明治31年)に初代、森永弥久太郎により創業。当初から、酒粕焼酎(粕取り焼酎)の製造をしていたそうで、その他に、他の原料による焼酎や日本酒の製造を始めます。1920年に水質を求めて現在の久留米市三潴町(みづままち)に移り、以来この地で焼酎、日本酒製造を行ってきました。

吟香露は地元の契約農家が作るコメと、蔵の地下から組み上げた自ら生まれたお酒です。日本酒醸造の副産物である「酒粕」を蒸留して作られる、酒粕焼酎という珍しい焼酎。減圧蒸留によって、余分な味などが取り除かれることで、吟醸酒のような味わいになっています。




“吟香露” の続きを読む

千年の眠り

千年の眠りについて


千年の眠りは、福岡県朝倉市の酒蔵「篠崎」の麦焼酎の銘柄です。
名前の由来は、酒蔵近くを流れる九州一の大河「筑後川」の別称である千歳川にちなんで名付けられたとのことです。
「悠久の流れのようにいつまでも呑んでいただける焼酎に!」という願いが込められています。




“千年の眠り” の続きを読む

博多献上(麦焼酎)

博多献上(麦焼酎)について


博多献上は、福岡県朝倉市の酒蔵「篠崎」の麦焼酎の銘柄です。
博多献上とは、慶長5年(1600年)に黒田長政が筑前を領有するようになり、幕府への献上品として博多織の帯地十筋と正絹三疋を選び、それ以来、この帯が博多献上と呼ばれる様になりました。

この芋焼酎「博多献上」はそうした博多の最上帯に由来して命名されたもので、阿蘇山系の伏流水を洗麦から仕込み水、割り水にまで使って作られています。
原料の大麦も選び抜いて良質なものを使い、あとに残らない味わいが特長になっています。




“博多献上(麦焼酎)” の続きを読む

青木昆陽 一期一会(芋焼酎)

青木昆陽(芋焼酎)について


青木昆陽 一期一会は、福岡県朝倉市の酒蔵「篠崎」が作る芋焼酎の銘柄です。篠崎は、江戸時代後期から酒造業を始め、現在は九州の酒蔵らしく日本酒だけではなく、焼酎、甘酒、リキュールも作っています。

青木昆陽 一期一会は、そのラインナップの中の熟成芋焼酎の銘柄です。青木昆陽とは、江戸時代中期の幕臣、学者です。八代将軍吉宗は飢饉の際の救荒食物としてさつまいもに着目して、その栽培を青木昆陽に命じ、青木はさつまいもの普及を図り、甘藷先生と呼ばれたそうです。




“青木昆陽 一期一会(芋焼酎)” の続きを読む