徹宵 芋焼酎

徹宵について

徹宵は、熊本県球磨郡多良木町の恒松酒造本店の芋焼酎の銘柄です。
恒松酒造本店は人吉球磨地域にあるだけに主力は米焼酎になりますが、それだけではなく、芋焼酎、リキュールなどもも作っていて、この「徹宵」は芋焼酎になります。




“徹宵 芋焼酎” の続きを読む

ハバナクラブ

ハバナクラブについて

ハバナ クラブ ユニオン 700ml ラム酒【正規品】
ハバナクラブ


ハバナクラブは、キューバのマヤべケ州サンタ・クルス・デル・ノルテのラム酒の銘柄です。
ホセ・アレチャバラが1878年に設立。1959年のキューバ革命により、オーナーのアレチャバラ家はスペインに亡命して、製造会社は国有化されます。
その後、アレチャバラ家はアメリカへ移住してハバナクラブの商標を登録し、使用許諾を得てバカルディからハバナクラブ銘柄のラム酒がアメリカ国内にのみ販売されていましたが、商標の更新を行わなかったために1973年に商標権は失効しています。
その後、キューバ政府が1976年にアメリカで登録承認され、1994年にフランスのペリノリカール社とキューバとの出資比50:50の合弁企業としてハバナクラブ・インターナショナルを設立。
現在では世界180カ国以上で登録されて、販売されています。




“ハバナクラブ” の続きを読む

キャプテンモルガン

キャプテンモルガンについて


キャプテンモルガン(Captain Morgan)は、プエルトリコのラム酒の銘柄で、17世紀に活躍した伝説の海賊「ヘンリー・モーガン」にちなんで名付けられています。

この海賊はキュラソーからパナマ、ジャマイカなど、カリブ海で活躍しています。

1944年にシーグラムがジャマイカ政府のロングポンド蒸留所を購入して、ラム酒の原酒の販売をはじめましたが、その頃にジャマイカの首都のキングストンで薬局を営んでいたレヴィ兄弟は、同じロングポンド蒸留所から原酒を購入しており、薬草やスパイスを加えて熟成させてボトリングして販売していました。
シーグラムはレヴィ兄弟の販売していたラム酒のフレーバーを気に入って、権利を買取り、キャプテン・モルガン・ラムという会社を設立して、キャプテンモルガンを生産し始めました。





“キャプテンモルガン” の続きを読む

魔王

魔王について


魔王は鹿児島県錦江町にある白玉醸造の造る芋焼酎の銘柄です。白玉醸造は創業明治37年で、大隅半島の先端近くにある本土最南端の焼酎蔵になります。

この魔王は若者のお酒離れなどを危惧して、減圧蒸留で作り上げたもので、当初から入手が困難で、プレミアムがついていたことで知られています。
そうしたことから、森伊蔵、村尾と並んで、3Mと呼ばれています。





“魔王” の続きを読む

問わず語らず名も無き焼酎

問わず語らず名も無き焼酎について


「問わず語らず名も無き焼酎」は鹿児島県指宿市の蔵元、大山甚七商店の銘柄になります。
大山甚七商店は明治8年(1875年)に創業した蔵元で、当初から芋焼酎を作り続けてきたそうです。

作っている銘柄はこの「問わず語らず名も無き焼酎」の他、「薩摩の誉」「宮ヶ浜」「甚七」などがあります。
最近はスムースで飲みやすい焼酎が愛されることが多く、芋独特の味わいを感じさせないような芋焼酎も多く、それはそれで優れた技術革新の成果なのですが、大山甚七商店は往年の芋焼酎ファンに懐かしさを持って思い出させるような、焼酎の旨味成分がたっぷりとあり、香りもさつまいも本来の甘い香りが口の中で広がります。





“問わず語らず名も無き焼酎” の続きを読む