銀の水

銀の水について


銀の水は、宮崎の佐藤酒造で作っている麦焼酎です。佐藤酒造のある宮崎県北では180年以上も前から焼酎造りが作られていたと言われ、村議であった初代佐藤松太郎が酒造免許を受けたのが明治38年で、これ以来100年を超える焼酎造りの伝統を持ちます。
“銀の水” の続きを読む

青鹿毛 麦焼酎

青鹿毛について


青鹿毛は、宮崎の柳田酒造の大麦焼酎の銘柄です。通年商品である赤鹿毛につづいて、様々な醸造工程において工夫と調節を繰り返して、平成18年に誕生した銘柄で、春季、秋季の季節商品で、毎年4月と10月に出荷しています。
常圧蒸留で作られていて、力強く奥深いコクと風味が特徴です。
“青鹿毛 麦焼酎” の続きを読む

尾鈴山 山猿

尾鈴山 山猿について


山猿は、百年の孤独で有名な黒木本店の麦焼酎です。黒木本店のある高鍋町からさらに山奥の児湯木城町の尾鈴山蒸留所で醸されたものです。
山猿の減量である大麦ニシノホシは、自社の焼酎カスをリサイクルして造った有機性土壌改良剤を使って栽培されていて、麹は手作業で作られた麹を使用するなど、手間暇かけてつくられたものです。
“尾鈴山 山猿” の続きを読む

中々(麦焼酎)

中々(麦焼酎)について


中々は黒木本店が造っている麦焼酎の銘柄です。黒木本店は明治18年創業の宮崎の蔵元で、この「中々」の他に「百年の孤独」、米焼酎の「野うさぎの走り」などが有名です。
中々と「陶眠 中々」とあり、中々は穀物の香りを持ちキャラメルのような風味が繊細に口中に広がります。「陶眠 中々」は香ばしさと力強さの共存した香り。甘い風味とコクがあります。
“中々(麦焼酎)” の続きを読む

兼八

兼八について


兼八は1919年創業の四ツ谷酒造という蔵で作られる麦焼酎の銘柄です。四ツ谷酒造は大分県宇佐市の宇佐八幡のお膝元にあり、四ツ谷兼八によって大正8年に生まれました。当時はさかな市場を経営していたそうですが、九州各地で口にした焼酎の旨さが忘れられず、自ら焼酎造りに乗り出したそうです。
“兼八” の続きを読む