エル・プリメロ

エル・プリメロはゼニスが誇る高速クロノグラフムーブメントの名称であり、現在ではエル・プリメロを積んだ「エル・プリメロ」というコレクションがゼニスの主力として存在しています。

ムーブメントの方のエル・プリメロは1969年に発表された自動巻きクロノグラフムーブメントで、世界初の自動巻きクロノグラフムーブメントでもあります。
1969年の年初にゼニスが、3月にはホイヤー、ブライトリング、ハミルトン連合がキャリバー11という自動巻きクロノグラフムーブメントを発表。さらに5月にはセイコーがスピードタイマーを発売しています。
このように、この1969年と言う年は各社が自動巻きクロノグラフムーブメントの開発競争をしていた年なのですが、他のムーブメントに比べエル・プリメロの優位点としては毎時36000振動(10ビート)のハイビートであるという点があげられます。
現在でも、多くの機械式ムーブメントは28800振動で一秒間に8回針が進む8ビートであり、それらと比較してもエル・プリメロはハイビートといえます。高速ムーブメントは一般的に精度の点で有利であるが、パワーリザーブが短くなる傾向があります。
にも関わらず、エル・プリメロは50時間以上というロングパワーリザーブを実現しており、全体の大きさも日付表示まで備えて、厚さ6.5㎜、直径29.33㎜という大きさに押さえられています。

ところが、その1969年年末になってセイコーは世界初のクォーツ腕時計のアストロンを発表。
このクォーツムーブメントは機械式ムーブメントを壊滅的な状態に追い込み、いわゆるクォーツショックによってスイスの時計業界は冬の時代を迎えます。

“エル・プリメロ” の続きを読む

ゼニス/ブランド紹介

ゼニスは有名な高速クロノグラフムーブのエル・プリメロや、通常のムーブメントのエリートなどを持つ、マニュファクチュールです。
創立は1865年でジョルジョ・ファーブル=ジャコが時計造りの天頂(ゼニス)を目指してル・ロックルに時計工場を設立、マニファクチュール・ド・モントル社を開いたのが始まりです。
それが1900年の万博に懐中時計用ムーブメント「ゼニス」を出品して金賞を得て、1911年に会社名をFabriques des Montres Zenith SAファブリーク・ド・モントル・ゼニスに変更している。
“ゼニス/ブランド紹介” の続きを読む

オシアナス/ブランド紹介

オシアナスはカシオが展開している時計ブランド。2004年から展開しています。
当初はヨーロッパ市場で販売されて好評を博し、日本には満を持した形で投入されました。

カシオというとGショックのイメージが強いのですが、オシアナスはそこまでハードではなく、スポーティでありながら機能を詰め込んだものになっていて、若いサラリーマンあたりが使用するのに良い感じに仕上げています。
“オシアナス/ブランド紹介” の続きを読む

ムーンフェイズとは

ムーンフェイズは、時計の機能の1つで、ダイアル上にある月齢表示を意味します。インダイアル(ダイアル上の小さな小窓)は半円を組み合わせたような形状になっていて、そこに月の状態を示した円盤が覗くという表示が多いようです。
ムーンフェイスではなく、ムーンフェイズ(moonphase)。英語で月齢を意味します。
月の満ち欠けの周期は29.5日であるので、59日周期の歯車に月を表す円を2つ対象に配置して、それが29.5日で半回転するという仕組みになっています。
“ムーンフェイズとは” の続きを読む

スント/ブランド紹介

スント(SUUNTO)はフィンランドのスポーツウォッチアウトドアウォッチブランドです。
元は1936年設立の精密機器メーカーで、創業以来、液体封入型のコンパスを1932年にトゥオマス・ヴォホロネンが発明し、35年よりコンパスを生産開始。その翌年にスントが設立されたという経緯があります。
スントとはフィンランド語で方向という意味だそうです。
設立3年後の1939年には有名な冬戦争が勃発。フィンランド国防軍の為に大量のコンパスと傾斜計を納品し、その性能は大いに役立ちました。
そして、戦後の1953年にはオリエンテーリングとマリン用のコンパスを製造開始、65年に世界初のダイビングコンパスを発表するなど、スポーツとアウトドアの世界で、スントの製品は大きなシェアを得ていく事になります。
“スント/ブランド紹介” の続きを読む

レトログラードとは

レトログラードは、腕時計の表示方法の1つ。
通常は時計の針はダイアル上を円を描いて回りますが、レトログラードでは扇形のインダイアル(ダイアル=文字盤上の小さなダイアル)を端から動いていき、もう一端にたどり着くと最初に逆戻りするという機能。
秒針やカレンダーなどに使われることが多く、レトログラードとはフランス語で「逆行」という意味だそうです。
“レトログラードとは” の続きを読む

クロノスイス/ブランド紹介

クロノスイスはドイツの時計ブランド。創設は1981年でゲルト・R・ラングというドイツ人で、ブランド名にスイスとついているのは、ラングがスイスの機械式腕時計に深い敬意を抱いているから。
彼はスイスのホイヤー社(タグ・ホイヤー)でクロノグラフの設計などを担当した時計師で、ドイツに戻ってミュンヘンで伝統的な機械式腕時計の仕事をはじめました。当時はクォーツ全盛時代で機械式腕時計の将来は絶望視されていましたが、最初は古い時計の修理から初めて、ビジネスを歩み始めました。

“クロノスイス/ブランド紹介” の続きを読む

カシオ/ブランド紹介

カシオは創業時は機械式計算機などを生産する会社で後に電子式卓上計算機(いわゆる電卓)を発売し、後に時計、システム機器、電子デバイスなどを製造、販売を開始しています。

このサイトで紹介している他のメーカーも電子デバイスなどを開発、販売していますが、元来のスタートが時計製造。故に現在でも時計メーカーというイメージが強いのですが、カシオはその印象が薄いのです。

“カシオ/ブランド紹介” の続きを読む

ハミルトン/ブランド紹介

ハミルトンは1892年にアメリカ・ペンシルバニア州ランカスターで生まれた時計ブランドです。当初は鉄道時計を作っていた会社で、ちょうどこの頃、全米を網羅する鉄道網の発展と共に歩んできた、米国の時計ブランドらしい成り立ちです。
その後も第一次世界大戦、第二次大戦ではミリタリウォッチを提供し、大戦後の50年代には黄金期を迎え、様々な革新的なモデルをリリースしてきました。
米国の車、家電製品などが世界の憧れであった時期であり、ハミルトンもそうしたミッドセンチュリーの時代の息吹を感じさせるコレクションを揃えていましたが、その中でも特に有名なのがベンチュラ。
ベンチュラは1957年に登場したコレクションで、左右非対称な三角形をしたケースデザインはアグレッシブで、今でも新鮮な躍動感を感じさせます。

現在のハミルトンはスウォッチ・グループのいち員として、スイスのビエンヌに移っていますが、アメリカの古き良き時代のスピリットを感じさせるコレクションを揃えています。
“ハミルトン/ブランド紹介” の続きを読む

トリワ(TRIWA)/ブランド紹介

トリワ(TRIWA)は07年設立のまだ若いブランド。スウェーデン・ストックホルムでHeraldとDidrikの双子の兄弟と、その友人のTobiasとLudvigの4人でスタートしました。
北欧デザインというと、シンプルで機能的なスッキリとしたものという印象ですが、このトリワ(TRIWA)もその流れを汲んでいて、クラシカルなシルエットを基本としながらも現代的・北欧的なシンプルさを融合させることで、個性を出しています。

最初は4名だったスタッフも現在は30名まで増えて、サングラスやブレスレットなども展開していて、世界中にトリワ(TRIWA)製品を届けています。

“トリワ(TRIWA)/ブランド紹介” の続きを読む