エポス Collection Sportive Ref. 3417 SK

エポスのスクエアモデルのおすすめです。

スクエアモデルというと、クラシカルでアール・ヌーヴォーの影響を受けて生まれただけにエレガントな雰囲気が売りのものが多いのですが、このRef.3417はレトロフューチャー風のガジェットを思わせます。
ベゼルはビス止めで機械的な印象。スケルトンデザインでムーブメントの歯車がスチームパンクの感性を感じさせます。
ムーブメントは自動巻を積んでいますが、ETA2824-2かSW200。地板を少し削っているようで、スチームパンク的な「絵」を強調しています。
“エポス Collection Sportive Ref. 3417 SK” の続きを読む

エポス 懐中時計 POCKET WATCH 2003SK

エポスの懐中時計の05年の作品。
懐中時計といえば、クォーツムーブメントか手巻きのムーブメントのいずれか。この2003SKはユニタスの6497を搭載したモデルで、やや大ぶりでスケルトン。

エポスは割合に低価格で高品質な時計を提供し続けるブランドで、事実上の創業者であるピーター・ホッファーは機械式時計の暗黒時代の80年代にその復活を信じて、これまで機械式時計に縁のなかった人々のためにその製品を送りだしてきました。
価格を抑えるため、ムーブメントはETAあたりの汎用ムーブを使い、価格以上の性能を実現してきました。
“エポス 懐中時計 POCKET WATCH 2003SK” の続きを読む

IWC アクアタイマー

アクアタイマーはIWCのダイバーズウォッチコレクション。技術主導のIWCとしてはダイバーズウォッチは昔から取り組み続けてきた分野で、多くの名作を持っています。
IWCが初のダイバーズウォッチを制作したのが1967年。当時はスキューバダイビング人気が高まりつつ合って、それに対応して生まれたのが初代のアクアタイマー。200メートル防水を実現し、潜水時間を計測する回転式インナーベゼルを採用しています。

そのつぎのアクアタイマーが有名なオーシャン2000。1982年に開発されたこのモデルは、西ドイツ軍の要請で生まれたもので、デザインがポルシェデザイン。ダブルネームになっていて、素材にチタンを採用し、ポルシェデザインらしいシンプルなモデルで、現在でも人気の伝説的なコレクションです。
“IWC アクアタイマー” の続きを読む

パテックフィリップ アクアノート

アクアノートは、スイスの雲上ブランドのパテックフィリップが作るスポーツウォッチ。パテックフィリップはヴィクトリア女王やアインシュタインなど、世界の著名人が愛した時計として有名で、非常に高いステイタスを誇ります。

このアクアノートは、パテックフィリップが作るスポーツウォッチで、他にノーチラスというモデルもありますが、いずれもスポーティな中にもゴージャスな雰囲気が湛えられていて、オーデマ・ピゲのロイヤルオークと並んで、高給スポーツウォッチという分野を切り開いたモデルとして知られます。
“パテックフィリップ アクアノート” の続きを読む

パテックフィリップ カラトラバ

カラトラバはパテックフィリップのエントリーモデルにして、フラッグシップモデルでもあるコレクション。
基本的には3針式または2針式のシンプルなドレスウォッチであり、面白みは無いものの、シンプルなだけに時計本体の作りの良さが命であります。

もともとパテックフィリップは普段使いで使えるのは、本当にお金持ちの一部の人たちだけですが、そうした人にとってもカラトラバはもっとも使い勝手の良いモデルと言えるでしょう。
ケース素材は基本的にゴールドなのですが、複雑機構を積まないモデルが数百万というのは、なかなかにハードルが高いものです。

カラトラバの名前は中世の1158年にスペインの宗教騎士団がカラトラバ砦をムーア人から守ったという故事に由来しています。19世紀の終わり頃にパテックフィリップはこのスペインの騎士の印である剣と十字架(4つの百合の花)を組み合わせた社標のカラトラバ十字を、自社のブランドシンボルに採用。
現在でもパテックフィリップの時計にはこのカラトラバ十字が描かれています。
“パテックフィリップ カラトラバ” の続きを読む

オリス アーティックス

オリスのアーティックス(ARTIX)は、このブランドの中ではドレッシーなフォーマルウォッチコレクション。オリスには他にアートリエというコレクションもありますが、それと並列する形で2011年から展開が始まっています。伝統的な時計デザインをベースにしながらも、現代的な要素も取り入れ、オリスが自社開発したコンプリケーションムーブメントとアバンギャルドなケース、ダイアルデザインとが調和しています。
2012年にはスポーツウォッチのアーティックスGTもリリースされて、ラインナップの幅が広がっています。

“オリス アーティックス” の続きを読む

モーザー(H.Moser)/ブランド紹介

モーザー(H.Moser)は、2006年にスイス・シャッフハウゼンに復活した時計メゾン。
大本の創業者はヨハン・ハインリッヒ・モーザー。シャッフハウゼンに生まれ、ロシアのサンクトペテルブルクに時計工房を開いて、大きな成功を収めた人物です。その後は生まれ故郷に帰って、シャッフハウゼンにライン川の流れを利用した水力発電所に携わって、1868年にはこの地に安価で安定した電力を求めて、米国人フロレンタイン・アリスオスト・ジョーンズがIWCを創業しています。
“モーザー(H.Moser)/ブランド紹介” の続きを読む

ロレックス シードゥエラー

シードゥエラーは、1971年に登場したロレックスのダイバーズモデル。
ロレックスのダイバーズといえばサブマリーナが有名で、長らく人気を博してきましたが、シードゥエラーはその登場がプロユースモデルということもあり、それほどの知名度はありませんでしたが、ひじょうに優れた内容のモデルです。
“ロレックス シードゥエラー” の続きを読む

ロレックス スカイドゥエラー

ロレックス スカイドゥエラーは2012年に発表された、ロレックスとしては新しい世代のコレクションになります。
スカイドゥエラーのネーミングは「空中の居住者」という意味で、世界中を飛び回る旅行者やパイロットのためのモデル。

世界の大金持ちの中にはジェットセッター(ジェット機で飛び回る人)と呼ばれる、世界のあちこちに住まいや別荘を持ち、定住せずに暮らす人がいますが、このスカイドゥエラーはそういう層を狙って開発されたものになります。

ロレックスが新開発した最も複雑なキャリバー9001を搭載します。
“ロレックス スカイドゥエラー” の続きを読む

オメガ コンステレーション

コンステレーションはオメガのドレスウォッチコレクション。
長年に渡りオメガの伝統の中核になってきたデザインコンセプトを現代的に表現したもの。コンステレーションとは英語で星座を意味し、オリジナルモデルは1952年。ダイアルの6時位置にある星と裏蓋の天文台が目印です。
オメガといえば現在はシーマスターやスピードマスターなどのスポーツウォッチコレクションのイメージが強いのですが、1960年代の日本では高級時計の代表的な存在で、高い人気を誇っていました。
“オメガ コンステレーション” の続きを読む