ロイヤルオーク

ロイヤルオークはオーデマ・ピゲの代表的なコレクションです。いわゆるスポーツウォッチと呼ばれるジャンルのコレクションで、誕生したのは1972年。それまでのスポーツウォッチという分野の常識を覆し、以後のお手本になったコレクションです。
デザインしたジェラルド・ジェンタは、20世紀最高のデザイナーと言われ、彼がデザインしたロイヤルオークのステンレススチールのケース、八角形のベゼル、タペストロリー模様のダイアル、一体型のブレスなど、それまでのデザインの常識を覆しています。
“ロイヤルオーク” の続きを読む

オーデマ・ピゲ/ブランド紹介

オーデマ・ピゲはパテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタンと並ぶ雲上時計メゾンとして、時計好きならば誰からも敬意を表される存在です。
創業は1875年。創業者はジュール-ルイ・オーデマ、エドワール-オーギュスト・ピゲ。

今では、多くの名門ブランドも創業一族の手を離れ、別の経営者の元で活動していたり、大資本に買収されてLVMHなどのブランドグループの傘下に入ったりしているケースが多いのですが、オーデマ・ピゲは現在でも創業家による経営が続いています。ただ、資本投下していたジャガー・ルクルトがリシュモン傘下になったことからリシュモンとの交流が深いと言われています。
“オーデマ・ピゲ/ブランド紹介” の続きを読む