ヴァシュロン・コンスタンタン/ブランド紹介

ヴァシュロン・コンスタンタンはスイスの三大雲上ブランドの一つとして、世界中の時計好きの間で最大限の敬意を払われている存在。トゥールビヨンをはじめとする複雑時計など超絶ムーブメントを実現する技術力に加え、宝飾時計も得意としています。

現在はリシュモングループの一員。

創業は1755年で、ジャン=マルク・ヴァシュロンが創業。事業を途切れることなく継続して時計を作っているメーカーとしては世界最古と言われます。ジャン=マルク・ヴァシュロンが開いた小さな工房は、家業として子どもたちに受け継がれ、3代目のパルテルミは企業運営に長けたフランソワ・コンスタンタンを1819年に共同経営者に迎え、ヴァシュロン・コンスタンタンに成長しました。
“ヴァシュロン・コンスタンタン/ブランド紹介” の続きを読む