ダニエルウェリントン/ブランド紹介

ダニエルウェリントンは2011年に設立されたばかりのスウェーデンの新進気鋭の時計ブランドです。
創業者はダニエルウェリントン氏ではなくて、フィリップ・タイサンダー氏。彼が世界一周旅行中にイギリスでダニエルウェリントン氏という紳士と出会い、その人となりやファッションに大きなインスパイアを受けて、敬意を込めてこの名前をブランドに冠したそうです。

ダニエルウェリントンの時計はクォーツムーブメント(シチズンのミヨタ製)を積んでいて、デザインは北欧のシンプルデザインを基本に、ミニマルでシンプルな造形の時計を世に送り出しています。
これだけシンプルで飾り気がないと、TPOを選ばずに気楽につけられます。ただ、時計の特徴、魅力がわかりにくくなりがちという弱点がうまれそうですが、ダニエルウェリントンの場合、ストラップが特徴的で、それが良い目印になっています。

通常のレザーベルトもつけられるのですが、大胆なカラーリングがお洒落なNATOベルトがダニエルウェリントンのブランドアイコンになっていて、大成功の礎になっています。
これはダニエルウェリントン氏が古いNATOベルトを使用していたことから思いついたそうですが、本体のおとなしすぎるぐらい上品で控えめなデザインに絶妙なミスマッチになっていて、ブランドに個性を与えています。

“ダニエルウェリントン/ブランド紹介” の続きを読む