エポス 懐中時計 POCKET WATCH 2003SK

エポスの懐中時計の05年の作品。
懐中時計といえば、クォーツムーブメントか手巻きのムーブメントのいずれか。この2003SKはユニタスの6497を搭載したモデルで、やや大ぶりでスケルトン。

エポスは割合に低価格で高品質な時計を提供し続けるブランドで、事実上の創業者であるピーター・ホッファーは機械式時計の暗黒時代の80年代にその復活を信じて、これまで機械式時計に縁のなかった人々のためにその製品を送りだしてきました。
価格を抑えるため、ムーブメントはETAあたりの汎用ムーブを使い、価格以上の性能を実現してきました。
“エポス 懐中時計 POCKET WATCH 2003SK” の続きを読む

ランゲアンドゾーネ 1815

1815はドイツ時計の至宝、ランゲアンドゾーネのシンプルな3針式のコレクションです。ランゲアンドゾーネは、東西ドイツ統一後の1994年に復活して、かつての栄光を取り戻していますが、復活第一弾のランゲ1をはじめ、当初は複雑時計ばかりのラインナップだったのですが、この1815あたりからシンプルな時計も製造するようになってきました。

もちろん、シンプルだからと言って、複雑時計よりも簡単に作っているというわけではなく、1815のための独自開発したムーブメントや完璧な仕上げのケース、ダイアルなどなど、細部までゆるがせにせずに作り込んでおり、風格のある仕上がりになっています。

現在では、スモールセコンドの3針式モデルに加え、アニュアルカレンダーやクロノグラフ、トゥールビヨンまで揃えて、堂々たるコレクションに成長しています。
“ランゲアンドゾーネ 1815” の続きを読む

オリエントスター クラシック WV0031DD 懐中時計

オリエントの手巻きムーブメント搭載の懐中時計です。
デザインは古典的な懐中時計ののので、細身のローマンインデックスや乳白色のダイアルカラーなど、古い時代の時計を愛する方におすすめ。
バックスケルトンで、オリエントのムーブ48C40を楽しむことができます。
“オリエントスター クラシック WV0031DD 懐中時計” の続きを読む

手巻きムーブメントとは

時計好きの間では機械式のムーブメントに対する、こだわりというか執着と言うか、多くのファンが多くの意見を持っていますが、そうした中で割合にムーブメント自体が少なくて、かなりの少数派になっているのが手巻きムーブメント。
機械式ムーブメントは毎日使い続けていれば、自然にゼンマイが巻き上げられていって、いつの間にか止まっている……という事態はめったに起こらないのですが、手巻きムーブメントは自動巻きと違い、ユーザーが自力で竜頭を使ってゼンマイを巻き上げなければなりません。

こうした欠点というか、面倒な点を持っている手巻きムーブメントは機械式が見直されている現代でも、そこまで復興しているわけではありません。

しかしやはり機械式ムーブメントといえば手巻きだぜ、という顧客は必ず一定数居て、そうした顧客向けに手巻きムーブメントは確固たる地位は築いています。
“手巻きムーブメントとは” の続きを読む