トゥールビヨンとは

トゥールビヨンとは機械式時計の複雑機構の1つで、その代表的なもの。
時計はテンプと呼ばれる輪状のパーツとその軸につけられたヒゲゼンマイにより、ヒゲゼンマイのほどけるスピードを制御。それで時刻合わせを行っている。

しかし、17世紀当時の時計は基本的に懐中時計であり、いつもポケットの中に入っているので上下が一定で、しかもそのころのヒゲゼンマイの製造技術では、ゼンマイが重力に引っ張られて歪んでしまう。
そのため、時刻にずれが生じるというもんだいがあり、当時の天才時計師のアブラアム=ルイ・ブレゲは内部機構を回転させて重力の影響を分散させれば良い、と考え、トゥールビヨン機構を作る。
“トゥールビヨンとは” の続きを読む

レトログラードとは

レトログラードは、腕時計の表示方法の1つ。
通常は時計の針はダイアル上を円を描いて回りますが、レトログラードでは扇形のインダイアル(ダイアル=文字盤上の小さなダイアル)を端から動いていき、もう一端にたどり着くと最初に逆戻りするという機能。
秒針やカレンダーなどに使われることが多く、レトログラードとはフランス語で「逆行」という意味だそうです。
“レトログラードとは” の続きを読む