オリエント STYLISH AND SMART SEMI SKELETON-C WV0421DB WV0431DB EV0441DB WV0451DB WV0461DB WV0471UB

オリエントのファッションウォッチコレクションのSTYLISH AND SMARTの中の一つ。
SEMI SKELETON-Cはその名前の通り、ダイアル側に小窓を開けてムーブの動きが楽しめるコレクション。Cはカラー(Color)、カジュアル(Casual)、クラシック(Classic)という意味です。

ケース径は36ミリと男女どちらも使えるサイズで、ボックスガラスを採用してクラシカルな雰囲気を出しているのが、デザイン上の大きな特徴。50年代、60年代の腕時計はミネラルプラスチックを使用していて、ガラスがドーム状に盛り上がっているデザインが主流でしたが、その後にクリスタルガラスが全盛になると平面のデザインになって行きました。つい最近になって、クリスタルガラスでも盛り上がったデザインがコスト的にも技術的にも可能になって来ましたが、まだまだ少数派。
このSEMI SKELETON-Cでは、この古典的な盛り上がったタイプのボックスガラスを採用していて、個性を出しています。

ラグもクラシカルなすんなりと立ち上がったラグで、古典的な雰囲気を出しています。

ただ、古典的なデザインアイコンのみを採用しているわけではなく、現代的なセンスも加味していて定番のメタルバンドに加えて、レザーバンドの裏地にはダイアルカラーに合わせた色の裏材を使っているなど、隠れたおしゃれが楽しめます。
その他の隠れたおしゃれ要素としては、裏蓋側もダイアル側と同じく小窓形式になっていて、多くの機械式時計のギミックとして全面がシースルーになっているものが多いのですが、小窓のみになっています。
“オリエント STYLISH AND SMART SEMI SKELETON-C WV0421DB WV0431DB EV0441DB WV0451DB WV0461DB WV0471UB” の続きを読む

オリエント STYLISH AND SMART DISK-S WV0061NB WV0011NB WV0041NB WV0021NB WV0031NB WV0051NB

オリエントSTYLISH AND SMARTのファッションウォッチコレクション。新しいベーシックを提案しているコレクションで、カジュアルな着こなしにあうライフスタイルアクセサリーでありながら、オリエントの技術を駆使した伝統の機械式キャリバーを搭載しています。
このあたりが、クォーツを積んだファッションウォッチとは一線を画した存在感を出しています。

STYLISH AND SMARTシリーズは、様々なコレクションがありますが、その中のDISKシリーズは、ダイアル(文字盤)中央部に円盤状のパーツを置いてそのパーツに時針を設置して、円盤ごと回転させることで、時針を動かし、時刻表示を行うというもの。
トルクの大きな機械式キャリバーならではのギミックです。
“オリエント STYLISH AND SMART DISK-S WV0061NB WV0011NB WV0041NB WV0021NB WV0031NB WV0051NB” の続きを読む

オリエント STYLISH AND SMART WV0831ER WV0841ER WV0851ER

オリエントのおすすめファッションウォッチ。
このWV0831ER、WV0841ER、WV0851ERのシリーズは、オリエントのSTYLISH AND SMARTシリーズのDISKコレクション。
この時計は、トルクの大きな機械式時計の特性を活かして、ダイアル(文字盤)中央に時針をデザインした円盤状のパーツが回転することで、ダイアル外周部に刻んだインデックスを指して、時刻表示をするというもの。
“オリエント STYLISH AND SMART WV0831ER WV0841ER WV0851ER” の続きを読む