扶桑鶴/ブランド紹介

扶桑鶴は、島根県の西端である益田市の桑原酒場の銘柄です。桑原酒場は明治36年創業で、島根県石見地方の益田市で、日本海側としては比較的温暖な気候ですが、仕込み時期は朝夕の冷え込みが厳しく、空気が清澄で酒造りに適した環境にあります。

蔵の近くにある高津川の水で醸しています。
高津川は国土交通省の水質調査で4年連続水質日本一になっており、水源の大蛇ヶ池は出雲でスサノオノミコトに討たれた八岐の大蛇が逃げてきたと伝えられています。





銘柄の由来は、鶴が長寿のシンボルとして親しまれてきたもので、その鶴に飲む人、造る人共にあやかりたいという願いと、日本(扶桑)を代表する酒として鶴のように羽ばたいていきたいという思いを込めたそうです。

扶桑鶴の酒質はやわらかで程よい酸がコクを出しています。
原料米は島根県の酒造好適米の佐香錦、神の舞、五百万石、きぬむすめ、岡山県産の雄町の契約栽培米の他、兵庫県産の山田錦を全量自家製米をして使っています。

楽天で扶桑鶴を検索

【桑原酒場/島根県益田市】扶桑鶴 特別純米酒 720ml(日本酒/ふそうずる)

【桑原酒場/島根県益田市】扶桑鶴 特別純米酒 720ml(日本酒/ふそうずる)
1,848 円 (税込)
※化粧箱なし(別売りとなります) 芳醇な風味とすっきりとした口当たりの特別純米酒です。幅広い温度帯で楽しめるお酒。 落ち着いた味わいをお楽しみください。 刺身から揚げ物料理まで幅広い料理と相性良いです。 ■アルコール度数 : 15.5度 ■原料 :米・米麹 ■原料米 ..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

ヤフーショッピングで扶桑鶴を検索

臨死体験で明かされる宇宙の「遺言」 /扶桑社/木内鶴彦(単行本(ソフトカバー)) 中古

臨死体験で明かされる宇宙の「遺言」   /扶桑社/木内鶴彦(単行本(ソフトカバー)) 中古
1,499 円
著者名:木内鶴彦出版社名:扶桑社発売日:2016年11月19日商品状態:非常に良い※商品状態詳細は商品説明をご確認ください。
CS Shop

投稿者: tom1964

アフィリエイトのウェブサービスを利用して、ショッピングサイトを構築しています。いろんなこだわり商品をご紹介していきます。