ロイヤルハウスホールド

ロイヤルハウスホールドについて


ロイヤルハウスホールドは、スコッチウイスキーの歴史の中でも特に重要な5人の中のひとり、ジェームズ・ブキャナンが関わったブレンデッドウイスキーの銘柄です。
ブキャナンは現在はブラック&ホワイトで知られているでしょう。


1987年に当時のイギリス皇太子エドワードが自分専用のウイスキーを作るようにジェームズ・ブキャナンに依頼したのが始まりで、当時のブキャナン社は最も幅広く原酒をストックしていたと言われ、すでにブキャナンブレンド(現在のブラック&ホワイト)は王室御用達を得ていて、超一流の酒商であったのです。

そのブキャナンが依頼に答え、グレントファース蒸留所で、ダルウィニーグレントファースといった45種類もの厳選された希少な原酒をブレンドしたウイスキーを納め、1898年にヴィクトリア女王とウェールズ皇太子によって正式に王室御用達の称号を得ました。
エドワードは1901年に即位してエドワード7世になり、このウイスキーを愛していたのですが、弟のヨーク公ジョージ(後のジョージ5世)も気に入り、夫妻で世界一周の船旅に出た際に唯一積み込まれたウイスキーとしても知られ、その際にヨーク公によって銘柄名はザ・ロイヤルハウスホールド(英国王室)と名付けられました。

その後、1920年代に皇太子であった昭和天皇がイギリス訪問をした際に、王室よりザ・ロイヤルハウスホールドを贈られ、さらに日本での販売許可も得ており、現在に至るまでこのウイスキーが買えるのは日本だけ。
すでに英国本国でも購入できなくなっています(バッキンガム宮殿内か王族が訪れるヘブリディーズ諸島にあるハリス島のローデルホテルのバーで呑めるだけだそうです)。

20世紀を通して長らく、ザ・ロイヤルハウスホールドとして愛されてきましたが、1993年に王室御用達が更新されず、この時点で定冠詞のザが外れて、ロイヤルハウスホールドになります。
単純にロイヤルハウスホールドならば王室、皇室ですが、ザ・ロイヤルハウスホールドとなると英国王室という意味だそうで、同時にそれまでラベルにイギリス王室の紋章が描かれていましたが、現行品はブキャナン社の紋章となっています。
こうなれば別に世界のどこで売っても良さそうなものですが、なぜか現在でも前述のように日本国内か英国の2箇所でのみしか呑めない銘柄のままです(生産が間に合わないのだろうか?)。

こうして、以前のザ・ロイヤルハウスホールドは価格が高騰し、現在では入手しようとすれば数十万円はするでしょう。
現行品のロイヤルハウスホールドでも日本の市場価格でもだいたい3万円ぐらいが目安というブレンデッドウイスキーとしては最高レベルの銘柄といえるでしょう。

味わいは軽く洗練されており、非常になめらか。
癖のあるアイラモルトなどの愛好者には物足りないかも知れませんが、これもスコッチウイスキーの一つの到達点といえるものです。

さすがに一本購入するのは高価過ぎる気がしますので、何かの記念に購入するか、味わいたいだけならバーで飲むのがおすすめでしょう。

*トップに戻る

楽天でロイヤルハウスホールドを検索

ウイスキー ロイヤルハウスホールド 750ml 箱付 (70326) 洋酒 Whisky(28-0)

ウイスキー ロイヤルハウスホールド 750ml 箱付 (70326) 洋酒 Whisky(28-0)
25,850 円 (税込)
評価 4.57
 ウイスキー 酒 通販 人気商品 最安値に挑戦中! 1897年、当時もっとも幅広い原酒のストックを有していたと言われるジェームス・ブキャナン社は、英国王室より特製のファイン(上質の)スコッチウイスキーを造るよう、注文をうけました。 そこで豊富なストックの中から厳選..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

*トップに戻る

Yahoo!ショッピングロイヤルハウスホールドを検索

ロイヤルハウスホールド 正規品 43度 750ml

ロイヤルハウスホールド 正規品 43度 750ml
38,690 円
ロイヤルハウスホールド 正規品 43度 750ml
CS Shop

*トップに戻る

アバター

投稿者: tom1964

アフィリエイトのウェブサービスを利用して、ショッピングサイトを構築しています。いろんなこだわり商品をご紹介していきます。