シンジケート58/6

についてシンジケート58/6


シンジケート58/6は、伝説的なブレンデッドウイスキーの一つで、1958年にスコットランドの港町のリースでウイスキー好きの6人が仲間内で集まって作り上げたレシピに基づいています。58年の「58」と6人の仲間の「6」から名前に58/6とつけられました。


このリースという港町は当時、貿易で栄えていて、スミス氏という実業家によって倉庫の中で30年以上熟成された18種類のモルトウイスキーと2種類のグレーンウイスキーが発見されました。
スミス氏は同僚のマッキントッシュ氏、公認会計士のペターソン氏、保険業のドナルド氏、建築業者のモンテース氏、歯科医のミドルトン氏の5人の古くからの友人に連絡をとり、6人で自分たちの夢である最高のブレンデッドウイスキーを作ることにしました。

チャールズ・グレイという35年以上ブレンデッドウイスキーを造り続けるブレンダーにブレンドを託しましたが、彼はインヴァーゴードン・ディスティラーズの会長を務めたという人物。
その際にモルト65%グレーン35%のブレンド比率でレシピを作りました。
通常はモルト:グレーンの比率が30:70なのですが、モルトの方がずっと多いという贅沢極まりないレシピで、これは100年以上も前に行われていたクラシックブレンドを再現したもので、こうして究極とも言えるものを生み出しました。

それがシンジケート58/6であって、名前は「1958年に6人の仲間(シンジケート)が作ったスコッチ」という意味で、最初は本当に自分たちの仲間内だけで飲んでいたそうですが、いつしか噂が流て、発売されることとなったそうです。
この仲間内で呑んでいた頃にはワインのボトルに入れていたそうで、今でもシンジケート58/6のボトルは一見するとワインボトルのようなデザインをしています。

日本にはウォレス・ミルロイによって1991年に紹介されたそうです。

ちなみにこのシンジケート58/6の秘伝のレシピを現在、受け継いでいるのは、ホワイト&マッカイ社のリチャード・パターソンだそうです。

シンジケート58/6は、比較的流通量が少ない上に、だいたい1万円前後ぐらいから販売されているという、ブレンデッドウイスキーとしてはかなりの高級品。いつか、機会があれば呑んでみたいものです。

*トップに戻る

楽天でシンジケート58/6を検索

【2021年9月月間優良店受賞】シンジケート58/6 700ml化粧箱入り_あす楽平日正午迄_[リカーズベスト]_[全品ヤマト宅急便配送]お家 家飲み

10,450 円 (税込)
未成年者の飲酒は法律で禁じられていますギフト対応 商品番号:101202818種類のモルト65%と2種類のグレーン35%をブレンド。上品な香りと深い味わいが身上。 ■商品データ容  量=750ml原  料=モルト(大麦)・グレーン(穀物原料)保存方法=高温多湿を避けて開栓後はお..

*トップに戻る

Yahoo!ショッピングシンジケート58/6を検索

*トップに戻る

投稿者: tom1964

アフィリエイトのウェブサービスを利用して、ショッピングサイトを構築しています。いろんなこだわり商品をご紹介していきます。