文蔵(米焼酎)

文蔵について


文蔵は、熊本県南部の人吉盆地の多良木町にある木下醸造所の銘柄になります。木下醸造所は、球磨焼酎の中でも古い歴史をもつ蔵で文久2年(1862年)の創業。その歴史を通して米焼酎にこだわって作り続けています。





熊本に伝わる民謡「六調子」に文蔵じいという人物が登場しますが、この文蔵じいは木下醸造所の創業者のことだそうで、地域に根付いてきた歴史を感じさせます。

熊本の球磨地方、人吉地方で作られる米焼酎を球磨焼酎と呼びますが、この呼称は1995年(平成7年)にWTOのTRIPS協定で「地理的表示の産地指定」を受けたものです。

これはウイスキーの「スコッチ」や「バーボン」、ブランデーの「コニャック」、ワインの「ボルドー」、発泡性ワインの「シャンパン」などと同様に、一定の地区で定められた製法で作られたもののみを球磨焼酎と呼びます。
現在、球磨焼酎を造るのは28の蔵がありますが、その中でも木下醸造所は歴史が長く、代表的な蔵の1つです。

文蔵の味わいは、球磨焼酎の中でも特にコクが有り、厚みがあるのが特徴です。伝統的な常圧蒸留により引き出されるもので、楽しみ方の幅が広く、様々な飲み方に適しています。
球磨焼酎のスタンダードな飲み方とされるお湯割りでは、文蔵の魅力である甘みやまろやかさが引き立ちます。
また、水割りやロックにするとコクはそのままでさわやかに。

伝統的な作り方をしているので、多くの量を製造することはできませんが、ふくよかな味わいを実現しています。

*トップに戻る

文蔵 黒ラベル<甕仕込>米焼酎 常圧蒸留 1800ml

文蔵 黒ラベル<甕仕込>米焼酎 常圧蒸留 1800ml
2,013 円 (税込)
文久2年創業。昔ながらの手造りカメ仕込み、かやぶき屋根の蔵。地下タンクやカメ壷の中に古酒を貯蔵。球磨の文蔵と言えば通の間ではうまい焼酎でおなじみです。昔ながらのいいところは残し、味わいを保っている銘酒です。 熊本県 球磨郡 木下醸造所 原材料/米、米麹 常..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop


*トップに戻る

アバター

投稿者: tom1964

アフィリエイトのウェブサービスを利用して、ショッピングサイトを構築しています。いろんなこだわり商品をご紹介していきます。