オールドチャーターオークバーボン

オールドチャーターオークバーボンについて


チャーターオーク(CHARTER OAK)は、現在はバッファロートレース蒸留所で作っている銘柄になります。


もともとチャーターオークは非常に大きなホワイトオークで、コネチカット州ハートフォードにあったとのことです。1662年に、英国王ジェームズ2世がコネチカット植民地に自治権を与え、その後継者のジェームズ2世が1686年に幾つかの植民地をニューイングランド自治領に統合、エドマンド・アンドロス卿を総督に任命して、それまでの植民地の憲章(CHARTER)を無効にしていきましたが、そのアンドロスから隠すために大きなオークの木のウロに隠したという伝説が残っていて、この木がチャーターオークと呼ばれるようになったそうです。

オークは1856年に激しい嵐で倒れ、その木材は現在ハートフォード議会議事堂に展示されている多くの椅子になったそうです。

オールドチャーターオークバーボンは、そうした伝説に敬意を評して名付けられたものです。
バーボンは熟成するのにオーク樽を用いていますが、特にチャーターオークではそのオークの素材にこだわりを魅せており、フレンチオークをはじめ、チンカピンオーク、モンゴリアンオーク、カナディアンオークなどを使っていて、それぞれどのオークを使ったか品名に明記しています。
例えばフレンチオークを使ったものは銘柄名が「オールドチャーターオークフレンチオークバーボン」となります。

フレンチオークは、フレンチオーク樽で12年熟成されており、世界最高のワインを熟成させるために使われてきたオークだけに、アメリカのオークよりも繊細な風味と絹のような質感が魅力です。

チンカピンオークは、チンカピンオークの樽で9年熟成。樽に組み立てられる前にこの背の高い木からおのオーク材は業界標準の3ヶ月よりもずっと長い2年間風乾され、フレーバーはより複雑になっていっています。

モンゴリアンオークは、東アジアで収穫された木から作られたオーク樽で10年熟成。キャラメル、パインの香りで、杉、クローブ、バタースコッチなどの味わいがあります。

カナディアンオークは、カナディアンオーク樽で10年間熟成されています。カナダ北部の長くて寒い冬と穏やかな夏は、カナディアンオークを特別なバーボンの製造に適したものにしています。

*トップに戻る

おしゃれ コーヒーテーブル チャーターオーク仕上げアメリカ輸入家具 アメリカ輸入雑貨

おしゃれ コーヒーテーブル チャーターオーク仕上げアメリカ輸入家具 アメリカ輸入雑貨
20,918 円 (税込) 送料込
※ブラウザ上と実際のカラーは異なる場合がございます。予めご了承ください。サイズ80cm×50.8cm×42cm重さ:11.8kgおよそのサイズになりますのでご了承ください仕様雑誌等を置ける棚付耐久性の高いブラックメタルフレームチャーターオーク仕上げ組立てが必要
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

Sauder North venue Tall Bookcase, Charter Oak finish

Sauder North venue Tall Bookcase, Charter Oak finish
49,243 円
Sauder North venue Tall Bookcase, Charter Oak finish(背の高い本棚会場Sauderに北、チャーターオーク仕上げ)
CS Shop

*トップに戻る

アバター

投稿者: tom1964

アフィリエイトのウェブサービスを利用して、ショッピングサイトを構築しています。いろんなこだわり商品をご紹介していきます。