上善如水(じょうぜんみずのごとし)

上善如水(じょうぜんみずのごとし)について


上善如水(じょうぜんみずのごとし)は、越後湯沢で安政2年(1856年)より、湊屋藤助により始められた白瀧酒造の主力銘柄になります。
白瀧酒造は、越後と江戸を結ぶ三国街道の要衝の地である湯沢で、旅人・行商人を相手に酒を提供する事業を始めました。
新潟県は酒どころで、長い酒造りの歴史と恵まれた自然環境があり、多くの有名な酒蔵があります。


白瀧酒造は自社敷地の3本の井戸から汲み上げる水をすべて酒の仕込に使っていて、白瀧酒造の酒質を決定づけています。

上善如水とは、最上の生き方は水のようであるという中国の老子の言葉のように、水のように生きることを旨としながらも、その先にあるより良いものを作り出すことを目指しているとのこと。

純米吟醸、純米大吟醸、スパークリング、生酒などが定番になり、その他に季節の移ろいを楽しむ、12ヶ月それぞれの上善如水を用意しています。

*トップに戻る

日本酒 ギフト 白瀧酒造 上善如水ギフトセット 720ml×3本入り

5,700 円 (税込)
評価 5

白瀧 上善如水 純米吟醸 1.8L

5,179 円
白瀧 上善如水 純米吟醸 1.8L

*トップに戻る

投稿者: tom1964

アフィリエイトのウェブサービスを利用して、ショッピングサイトを構築しています。いろんなこだわり商品をご紹介していきます。