宮寒梅

宮寒梅について


宮寒梅は、宮城県大崎市の寒梅酒造の銘柄になります。寒梅酒造は創業が1918年(大正7年)で、地域の米をよりすぐり美味しい清酒をこしらえたのが始まりでした。
家族経営でこじんまりとした蔵元で、仕込蔵は今も変わらず小さいままですが、少ない人手で細部まで目を配るにはちょうど良い程度ということらしいです。

“宮寒梅” の続きを読む

大信州

大信州について

大信州は、長野県松本市の酒蔵、大信州酒造の主力銘柄になります。
本社HPには明治13年とありますが、現在の形になったのは終戦直後の1948年(昭和23年)に複数の酒蔵が合併して誕生。
当初はそれぞれの蔵が独自に酒造りをしていましたが、1972年に長野市に醸造拠点の豊野蔵を造り、そこで搾ったお酒を松本市(本社蔵)まで運んで瓶詰め、貯蔵、出荷してきたということです。

“大信州” の続きを読む

亀泉

亀泉について


亀泉は、高知県土佐市の亀泉酒造の清酒の銘柄になります。
「おいしい」「たのしい」「おもしろい」をモットーに、高知県の酒米、酵母、水にこだわりバラエティ豊かな日本酒を醸している蔵になります。
明治30年創業の蔵元で、名前の由来は寛永12年から枯れること無く湧き出る、仁淀川系の湧水を使ったことから、万年の泉「亀泉」と名付けられたそうです。

“亀泉” の続きを読む

くどき上手

くどき上手について


くどき上手は、山形県鶴岡市の亀の井酒造の銘柄になります。
純米吟醸「くどき上手」が全体の7割を超え、蔵内平均精白50%の全量吟醸酒を製造しています。貯酒・貯蔵用に200坪以上の冷蔵設備を備えているそうです。
創業は明治8年(1875年)。
羽黒町の出羽三山入り口近くに位置しています。

“くどき上手” の続きを読む

川中島幻舞

川中島幻舞について


川中島幻舞は、長野県長野市川中島町の株式会社酒千蔵野という酒蔵の銘柄になります。
酒千蔵野は「しゅせんくらの」と読みます。
創業は1540年(天文9年)頃。信州長野県で最も古い歴史と伝統を誇る蔵で、全国で見ても7番目の歴史を持ちます。
川中島合戦の際に武田信玄公に千野の酒を召し上がったそうです。

“川中島幻舞” の続きを読む