風の森

風の森について

風の森は奈良県の御所市の油長酒造という酒蔵の銘柄になります。
創業は1719年(享保4年)になります。

奈良は日本清酒の発祥の地と言われる土地になります。
現在の日本酒の製造技術の根源になる技術は、室町時代末期の奈良で確立されたと言われています。平安時代には調停直属の酒造組織がになっていたお酒造りの技術ですが、室町時代には民間の造り酒屋や奈良、河内を始めとする大寺院に移ってきています。
 
清酒の起源というと、奈良の菩提泉をその起源とする説があり、奈良の正暦寺には「日本清酒発祥之地」の碑が建っていますが、それとは別に兵庫県伊丹市鴻池にも「清酒発祥の地」の石碑である鴻池稲荷祠碑が建っています。
“風の森” の続きを読む

あさ開(あさびらき)

あさ開について


あさ開(あさびらき)は、岩手県盛岡市の酒蔵で、創業は明治4年。
旧盛岡藩士の村井源三という人が「村井本家 あさ開」を創業。現在に至るまで一族で経営している酒蔵になります。

“あさ開(あさびらき)” の続きを読む

上善如水(じょうぜんみずのごとし)

上善如水(じょうぜんみずのごとし)について


上善如水(じょうぜんみずのごとし)は、越後湯沢で安政2年(1856年)より、湊屋藤助により始められた白瀧酒造の主力銘柄になります。
白瀧酒造は、越後と江戸を結ぶ三国街道の要衝の地である湯沢で、旅人・行商人を相手に酒を提供する事業を始めました。
新潟県は酒どころで、長い酒造りの歴史と恵まれた自然環境があり、多くの有名な酒蔵があります。

“上善如水(じょうぜんみずのごとし)” の続きを読む

柏露

柏露について


柏露(はくろ)は、宝暦元年(1751年)に越後長岡に創業した酒蔵です。1882年には柏露の由来となった長岡藩主牧野家の酒造蔵を譲り受け、同家の「三つ柏」紋のしようと商品名「柏露」を継承しています。

“柏露” の続きを読む