新刊

スポンサーリンク
ライトノベル

冬期限定ボンボンショコラ事件 〈小市民〉シリーズ

米澤穂信というと、推理小説ファンには本格推理小説作家として、「満願」「王とサーカス」「折れた竜骨」など何年も続けてミステリ関係の主要な賞を獲得し続けるなど、第一人者として高い評価を受けています。 しかし、デビュー当時は人の死なないタイプのい...
コミック

ガベージコレクション(粟岳高弘) 新刊紹介

粟岳高弘の新作「ガベージコレクション」が本日発売になります。版型がB6とやや大きめ。駒草出版という割りとマイナーな出版社からいつも本を出しているので、あまりメジャーではありませんし、これまでも本屋で見かけることが無かった漫画家さんです(最近...
ライトノベル

よくわからないけれど異世界に転生していたようです 小説版の5巻が2月2日に発売

「よくわからないけど異世界に転生していたようです」の書籍版5巻が明日発売予定なので、ご紹介します。 この作品は「小説家になろう」で「あし」が連載し、Kラノベブックスで書籍化。シリウスKCで内々けやきによってコミカライズされています。 このコ...
コミック

諸星大二郎劇場 第5集 アリスとシェエラザード〜仮面舞踏会〜 感想

諸星大二郎の新刊が出たので感想です。「諸星大二郎劇場」というのは、一回り大きなA5版という版型のコミックシリーズで、この「アリスとシェエラザード~仮面舞踏会~」で5巻目です。 ビッグコミック増刊号に連載中の短編シリーズで、第1集の「雨の日は...
新刊情報

ハクメイとミコチ 12巻

「ハクメイとミコチ」は、樫木祐人が「ハルタ」で連載しているファンタジー漫画で、その最新12巻は2024年1月15日に発売になりました。 ファンタジーというと、近年はなろう小説っぽいものを想像しますが、「ハクメイとミコチ」はどちらかというと童...
コミック

「勇気あるものより散れ」5巻のネタバレ感想

「勇気あるものより散れ」は相田裕がヤングアニマルで連載中の作品で、この5巻が本日発売の最新刊になります。相田裕の作品というと、「ガンスリンガーガール」、「1518!」と連載し、その次に発表したのが「勇気あるものより散れ」になります。 相田裕...
コミック

ブラック・ラグーン(13) 本日発売

ブラック・ラグーンは、広江礼威が月刊サンデージェネックスで2001年から連載しているコミック作品。とは言っても、20数年掛けて13巻なので、刊行ペースはかなり遅め。 東南アジアの架空の犯罪都市ロアナブラを舞台に、運び屋や裏社会に属する組織や...
コミック

ダンジョン飯 最終14巻

九井諒子のヒット作「ダンジョン飯」の最終巻です。 ダンジョン飯は、年10回刊行という珍しいペースの漫画誌「ハルタ」で連載している作品で、2014年から、2023年まで全97話で完結しました。 異世界ファンタジーなのですが、なろう的な雰囲気は...
スポンサーリンク