オクトモア

オクトモアについて


オクトモアはアイラ島のブルイックラディ蒸留所で作られているシングルモルトです。
ブルイックラディ蒸留所は、蒸留所の名前を冠したブルイックラディという銘柄と、ポートシャーロットと、このオクトモアの3銘柄を造っています。
ブルイックラディはノンビーティな上品な味わいのものですが、ポートシャーロットはヘビーピーティな味わい。
そしてこのオクトモアはウルトラヘビリーピーテッドで、非常にビーティなものになっています。




“オクトモア” の続きを読む

ポートシャーロット

ポートシャーロットについて


ポートシャーロットは、アイラ島のブルイックラディ蒸留所で作られている銘柄です。この蒸留所では、ブルイックラディという蒸留所の名前をそのまま冠した銘柄がありますが、その他にポートシャーロットと、オクトモアという銘柄も出しています。
ブルイックラディはアイラモルトとしては割合に上品でビーティさの薄い銘柄です。ビートのレベルを表すフェノール値は2~5ppmだということですが、このポートシャーロットは40ppmという相当に重たいビーティさの銘柄になっています。




“ポートシャーロット” の続きを読む

リンクウッド

リンクウッドについて


リンクウッドは1821年にスペイサイドのエルギン近郊でピーター・ブラウンにより創業しました。生産開始は1824年です。リンクウッドという名前はその土地にあった貴族の屋敷に由来しているそうで、かつては森に囲まれた美しい土地でした。
創業から100年はブラウン家の経営でしたが、1936年にスコティッシュ・モルト・ディスティラリーズの傘下に入り、同社がユナイテッドディスティラリー社に買収されて、リンクウッドもその系列に入ります。(現在はディアジオ社の系列に入っています。)

第二次大戦中の1941年から45年までは大麦不足の結果として一時的な閉鎖のあと、1945年にロデリック・マッケンジーによって再開されました。マッケンジー氏はリンクウッドの伝統の味を守るために環境の変化を嫌って、クモの巣さえ取り除くことを許さなかったという逸話が残っています。




“リンクウッド” の続きを読む

のんのこ(焼酎)

のんのこ(焼酎)について


のんのこは佐賀県の酒蔵「宗政酒造」の焼酎の銘柄です。
宗政酒造は操業が昭和60年と、比較的新しい酒蔵で、当初は有田市の市内に有ったそうですが、現在は有田ポーセリンパーク内に酒蔵を移し、観光酒蔵という位置づけも得ています。
日本酒(清酒)、焼酎、リキュールといった製品を造っていて、清酒も焼酎もというのが吸収らしさを感じさせます。




“のんのこ(焼酎)” の続きを読む

100pipers(ワンハンドレッドパイパーズ)

100pipers(ワンハンドレッドパイパーズ)について


100pipers(ワンハンドレッドパイパーズ)はシーバスリーガルを出しているシーグラム社のブレンデッドウイスキーの銘柄。1965年に誕生した当時は、1000万ドルも使ったマーケティング調査をして発売。
世界市場で成功した銘柄です。

100pipers(ワンハンドレッドパイパーズ)の由来は2つあり、一つはスコットランドの伝説で「良いスコッチを飲むと1人のバグパイパー、スムースなら2人、芳醇なら5人、真のスコッチなら100人のバグパイパーの音色を聞くことが出来る」というものあります。
もう一つがスコットランドとイングランドの戦争のときに、スコットランドの前衛にバグパイプを吹く100人のパイパーが敵の攻撃にひるむこと無く演奏し続けたという逸話があります。
この2つの逸話から名付けられました。




“100pipers(ワンハンドレッドパイパーズ)” の続きを読む