別撰神川(べっせんかみかわ)

別撰神川(べっせんかみかわ)について


別撰神川(べっせんかみかわ)は鹿児島県鹿屋市の神川酒造の銘柄になります。神川酒造は1963年(昭和38年)設立の焼酎蔵です。

“別撰神川(べっせんかみかわ)” の続きを読む

もぐら(芋焼酎)

もぐらについて


もぐらはさつま無双という酒蔵の芋焼酎の銘柄になります。さつま無双は昭和41年に県・市・各機関から「焼酎を全国に広めてほしい」という要望を受けて、鹿児島県酒造協同組合傘下の各業者の協力で生まれた蔵になります。
「鹿児島にふたつとない焼酎」という意味で「無双」の名前は、鹿児島県民からの一般公募で決められたものです。

“もぐら(芋焼酎)” の続きを読む

風の森

風の森について

風の森は奈良県の御所市の油長酒造という酒蔵の銘柄になります。
創業は1719年(享保4年)になります。

奈良は日本清酒の発祥の地と言われる土地になります。
現在の日本酒の製造技術の根源になる技術は、室町時代末期の奈良で確立されたと言われています。平安時代には調停直属の酒造組織がになっていたお酒造りの技術ですが、室町時代には民間の造り酒屋や奈良、河内を始めとする大寺院に移ってきています。
 
清酒の起源というと、奈良の菩提泉をその起源とする説があり、奈良の正暦寺には「日本清酒発祥之地」の碑が建っていますが、それとは別に兵庫県伊丹市鴻池にも「清酒発祥の地」の石碑である鴻池稲荷祠碑が建っています。
“風の森” の続きを読む

利八

利八について


利八(りはち)は、鹿児島の温泉地として有名な指宿市の酒蔵、吉永酒造有限会社の銘柄になります。
鹿児島にはもう一つ甑島(こしきしま)にも同じ吉永酒造があってややこしいのですが、どちらも家族経営に近い少人数でじっくりと酒造りを行っています。

“利八” の続きを読む